エルサレムの古代半顔ランプのもう片方はブタペストにあるのか?

 つい最近エルサレムのダビデの町で発見された、半顔の「幸運」用青銅製ランプのもう片方が、ブタペストの発掘で数年前に発見されていたのか?先週エルサレム城壁付近の国立公園で希少な発見が報告されて以来、ハンガリー人考古学者がダビデの町で考古学局が実施している発掘責任者に連絡を取り、もう片方のランプは彼が所有しているかもしれないと伝えてきた。

 青銅製の特に希少なランプが、エルサレムのダビデの町で、第二神殿破壊後(西暦1世紀末から西暦2世紀初頭)のローマ時代の建物の基礎で発見された。この特殊なランプは建物の基礎に故意的に埋められ、現場の研究者達の想定によると、建築物への捧げものとして利用されたとしている。実際にはランプの半分であり、グロテスクな外観の髭を生やした男性の半分の顔の形をした彫刻の型に注ぎ込まれている。ロウソクの口は三日月が半分になったような形をしており、取手は上に向かって持ち上げられており、アカンサス(シリアのドングリ)の形にデザインされている。ランプに描かれている飾りは、劇場用のマスクのような一般的なローマの芸術的モチーフを彷彿させる。

 ダビデの町によると、ハンガリーの考古学者であるラサナイ学者が半顔ランプ発見の記事を読み、イスラエルの発掘責任者であるアリー氏へ連絡を入れた。ハンガリー人考古学者は、彼の発見の動画を添付し、「9年前にアクウィンコム(現在のブタペスト)で行った発掘で、驚くような希少な物を発見した。建築物の基礎部分に、ローマ劇場のマスクの形をした、顔の右側半分となった青銅製半顔ランプを発見した」と記していた。

 また「このように精確に製造するのは非常に困難であり、両方の半顔ランプは同じ工場で製造されたと思われ、もしかすると完全体として組み合わせれた対として利用していたのかも知れない」とも記している。この問い合わせにより、アリー氏はハンガリー人考古学者と話し合い、二人が行った最初の検査では、完全に同じ寸法のランプであることが判明している。

 更にハンガリーで発見された半顔ランプには、凹状の接続部分が作られているのに対し、エルサレムで発見された半顔ランプには、凸状の接続部分が作られており、二つの発見物が合体する可能性を示している。

 現在考古学局では、この課題を深く検討できる様々な可能性を探っている。一つの可能性としては、イスラエルでランプの3Dコピーを作成し、その二つが合体できるかハンガリーへ送るというものだ。

 「ハンガリー人考古学者からの問い合わせを受けた時には、非常に驚いたし興奮した。調査開始時からこのランプは、ヨーロッパの国の一つである海外で製造されたことは明確であったが、発見物に光を当て、その研究に重大な影響を与えることが出来る、非常に嬉しい連絡を受けるとは信じていなかった。当時ローマ帝国の支配下にあった地域のハンガリーに同じような物が発見されており、予想していた以上により深く広くこの課題に関して検討することを可能としてくれる」とアリー氏は語った。

 ダビデの町遺跡の発掘は、考古学局によって運営され、ダビデの町へ基金、観光省、エルサレム省とハーリー遺産により援助されている。

最新記事

すべて表示

エルサレムの発掘で、2,700年前の豚の骨が発見

2,700年前の豚の完全な骨が、ダビデの町国立公園で実施されている考古学発掘の一環として発見された。遺跡には、建物の破壊と崩壊の痕跡が残っており、子豚も含めて中身事下敷きになったと思われる。テルアビブ大学リダー学者、及び考古学局オルタル氏の研究結果は、Near Eastern Archaeology誌に掲載された。 リダー学者は、若い豚の骨と判定し、最低でも生後7か月としている。彼女の説明によると

イェロバアルという名を刻んだ、士師記時代の希少な碑文が発見

士師記に関連した同時代の碑文が、キリヤットガット付近のエルラアイ遺跡の考古学発掘で発見された。この希少な碑文は、アルファベイト文字で「イェロバアル」という名を刻んでおり、紀元前1,100年頃とみられている。陶器にインキで記されており、石で床が作られた、地中に掘られた貯蔵サイロの中で発見された。 現場での発掘は2015年から毎年行われており、現在7回目の発掘が実施されている。この発掘は、エルサレムの

神殿参拝前に有力者達を接待した建物が発見される

今朝、第二神殿時代のエルサレムで発見された、最も豪華な公共施設の一つが公開された。西の壁遺産基金と考古学局の発見は、嘆きの壁トンネルでここ数年間実施された考古学発掘の結果である。 考古学局は、ウイルソン・アーチと神殿の丘の西側で発見された建物の一部は、既に19世紀にチャールス・ウォーレンによって発見・記述されており、20世紀の様々な発掘者によっても記述されている。今回の発掘によって全体が発掘され、