エルサレムだけではない:ラキシとアゼカの破壊

 とても正確で明確な時間と地理的場所を垣間見れる聖書の箇所はそうありませんが、この箇所はとてもエキサイティングで劇的な事例です。エレミヤ書(23章6節)ではこう書かれています。「そこで預言者エレミヤはこの言葉をことごとくエルサレムでユダの王ゼデキヤに告げた。その時バビロンの王の軍勢はエルサレム、および残っているユダのすべての町、すなわちラキシとアゼカを攻めて戦っていた。それはユダの町々のうちに、これらの堅固な町がなお残っていたからである」。

 同時期にバビロンの王ネブカドネザルとその軍勢はエルサレムを包囲し攻めていた。全てのユダの町から残ったのはたったの二つであり重要で有名な町であった。アゼカとラキシだ。これは紀元前586年のエルサレム破壊の夜に存在していたユダヤ人居住区の様子を提供してくれます。当時エルサレムが首都で主要都市であり、それ以外に二か所の要塞都市、アゼカとラキシだけが残っていたということです。

 1930年代に行われたラキシでの考古学発掘で、古代ヘブライ文字で陶器の破片に書かれた碑文が発見された。「我が主が与えた全ての見張りにラキシの松明を、と伝えよ。何故ならアゼカが見えないからだ」。この古文書を書いた人が現代語で言いたかったのは、「我々はラキシの松明を守ってラキシの松明を見ているが、アゼカがもう見えない」という内容である。

 この説明はラキシとアゼカの要塞都市を遠望していた前哨基地の駐屯兵によって書かれたものである。この手紙を書いた兵士はラキシの松明が場所を示すためにかがり火として残されているのを見ていたはずです。そしてラキシの朝の見張りが出てくるのを見たはずですが、アゼカが全く見えておらずアゼカは既に破壊されていたのです。

 この陶器の古文書は、2個の要塞都市がまだ存在しているエレミヤ書第23章より後の時間軸であることを教えてくれます。古文書では既にアゼカは破壊されているからです。この兵士がまだ知らなかったのはもう少しするとラキシも破壊され、その後エルサレムも破壊されるということでした。今日(7月30日)はエルサレム神殿崩壊日であり、聖書や2,500年前のラキシの手紙として残った陶器の欠片から、これらを学ぶことができるのです。

最新記事

すべて表示

エルサレムの発掘で、2,700年前の豚の骨が発見

2,700年前の豚の完全な骨が、ダビデの町国立公園で実施されている考古学発掘の一環として発見された。遺跡には、建物の破壊と崩壊の痕跡が残っており、子豚も含めて中身事下敷きになったと思われる。テルアビブ大学リダー学者、及び考古学局オルタル氏の研究結果は、Near Eastern Archaeology誌に掲載された。 リダー学者は、若い豚の骨と判定し、最低でも生後7か月としている。彼女の説明によると

イェロバアルという名を刻んだ、士師記時代の希少な碑文が発見

士師記に関連した同時代の碑文が、キリヤットガット付近のエルラアイ遺跡の考古学発掘で発見された。この希少な碑文は、アルファベイト文字で「イェロバアル」という名を刻んでおり、紀元前1,100年頃とみられている。陶器にインキで記されており、石で床が作られた、地中に掘られた貯蔵サイロの中で発見された。 現場での発掘は2015年から毎年行われており、現在7回目の発掘が実施されている。この発掘は、エルサレムの

神殿参拝前に有力者達を接待した建物が発見される

今朝、第二神殿時代のエルサレムで発見された、最も豪華な公共施設の一つが公開された。西の壁遺産基金と考古学局の発見は、嘆きの壁トンネルでここ数年間実施された考古学発掘の結果である。 考古学局は、ウイルソン・アーチと神殿の丘の西側で発見された建物の一部は、既に19世紀にチャールス・ウォーレンによって発見・記述されており、20世紀の様々な発掘者によっても記述されている。今回の発掘によって全体が発掘され、