エステル断食

 ユダヤ教賢者達はプリムの前夜祭に断食を決め、モルデハイとエステルが断食した記念日となっている。当時もこの日だったのか?エステルのオリジナルの断食日は過越し祭だった。それなら何故アダルの月に断食するのか?半シケルの習慣とは?

 エステル断食とは、イスラエルが断食する日の一つであり、「各自が苦難に陥った時に神がそれを全て見て聞いており、心から断食して神に戻ると当時のように神が祝福されることを記憶するため」(ラムバム)、つまりモルデハイとエステルが断食した日の断食であり、健康な人は全員それを行う義務がある。

 しかし妊婦、産後2年間の女性は断食から免除される習慣がある。多くのユダヤ教ラビ達は、コロナ感染病人も断食する必要が無いと決定し、アントワープのチーフ・ラビ・アハロンも、「コロナ感染した全員は、助けの哀れみがあるように、特に神の祝福で回復してから6カ月間は、エステル断食を行う必要はない」と判断している。

 ユダヤ教賢者達は今晩から始まるプリム前夜祭から断食を決めており、エステルの断食を記念した日である。しかしエステルのオリジナルの断食は過越し祭であるが、賢者達は断食日をなるべくプリム祭に近づけようとした。

 プリム前(今日の午後)の昼の祈りには、貧困者やシナゴーグにお金を寄付する習慣があり、市民犠牲の為に神殿で寄付した半シケル(現在の価値約15円)の記憶でもある。家に住む家族全員(女性にも)に最低でも半シケル贈与する。

 一部では聖書時代の半シケルに相当するものを与える習慣もあり、今日約10グラムの銀(つまり約26シケル)の価値であり、中には3枚の半シケル硬貨(決まった額を入れ、お金が入った器から3枚の硬貨を取り、「半シケルの記憶」と言いながら硬貨を置くのも可能)を与える習慣もある。

最新記事

すべて表示

ユダヤ教賢者達は優秀な歴史家では無かった:神殿崩壊後の日常生活の研究

「イスラエルの殆どのユダヤ人居住地は破壊されず、そこから追放もされなかった。エルサレムと神殿、及び北部の一部ユダヤ人居住区の崩壊は、2千年間の離散を生んでいない。ローマ人は計画的に追放したのではなく、全くその正反対で、効果的な検討から属州の安定を優先していた」。ローマ人と征服された民族との複雑な関係について既に31年間も研究している、歴史家のドロン学者の言葉であり、彼の新しい結論によると、神殿崩壊

律法、習慣とコロナ:安息日明けから始まる神殿崩壊日

この日には、全員が5つの断食を行う義務がある:飲食、入浴、油塗、性交、及び革製の靴を履くことである。これらの断食以外に、追悼習慣も厳格化されている:昼まで椅子に座ってはいけないこと、「シャローム」と祝福してはいけないこと、追悼から気をそらすような無意味なことをしないこと、急用ではない仕事などは、全て昼までやってはいけない。 この日は聖書の勉強も無く、ミカ書、又は破壊の注解書、又はヨブ記のような人類

苦しんでいる人は、安息日でも歯の治療を受けられるのか?

質問: 歯の痛みに苦しんでいる人は、安息日でも歯の治療を受けることが出来ますか? 回答: 歯の部分への損傷は、様々な歯の痛みを起こす恐れがあり、痛みは歯周病、歯槽膿漏、虫歯、歯茎の後退などによって起こる恐れがある。神経から来る痛みは殆どが耐えられない痛みであり、緊急の治療を必要とする。炎症は顔の方へと広がる時もあり、頬の部分の腫れや赤身、又は発熱を起こす場合もある。このような損傷は、抗生物質を投与