エステル断食

 ユダヤ教賢者達はプリムの前夜祭に断食を決め、モルデハイとエステルが断食した記念日となっている。当時もこの日だったのか?エステルのオリジナルの断食日は過越し祭だった。それなら何故アダルの月に断食するのか?半シケルの習慣とは?

 エステル断食とは、イスラエルが断食する日の一つであり、「各自が苦難に陥った時に神がそれを全て見て聞いており、心から断食して神に戻ると当時のように神が祝福されることを記憶するため」(ラムバム)、つまりモルデハイとエステルが断食した日の断食であり、健康な人は全員それを行う義務がある。

 しかし妊婦、産後2年間の女性は断食から免除される習慣がある。多くのユダヤ教ラビ達は、コロナ感染病人も断食する必要が無いと決定し、アントワープのチーフ・ラビ・アハロンも、「コロナ感染した全員は、助けの哀れみがあるように、特に神の祝福で回復してから6カ月間は、エステル断食を行う必要はない」と判断している。

 ユダヤ教賢者達は今晩から始まるプリム前夜祭から断食を決めており、エステルの断食を記念した日である。しかしエステルのオリジナルの断食は過越し祭であるが、賢者達は断食日をなるべくプリム祭に近づけようとした。

 プリム前(今日の午後)の昼の祈りには、貧困者やシナゴーグにお金を寄付する習慣があり、市民犠牲の為に神殿で寄付した半シケル(現在の価値約15円)の記憶でもある。家に住む家族全員(女性にも)に最低でも半シケル贈与する。

 一部では聖書時代の半シケルに相当するものを与える習慣もあり、今日約10グラムの銀(つまり約26シケル)の価値であり、中には3枚の半シケル硬貨(決まった額を入れ、お金が入った器から3枚の硬貨を取り、「半シケルの記憶」と言いながら硬貨を置くのも可能)を与える習慣もある。

最新記事

すべて表示

複数のトーラーとは口伝律法のことなのか(レビ記26:46)

「書かれたトーラー(注:聖書)には、我々のラビ・モーセは神から二つのトーラーを受け取り、一つは書かれたトーラーともう一つは口伝律法であり、このようにも書いている:”定めと、おきてと、律法である”。”律法”は単数形ではなく、”これらは主が、シナイ山で…モーセによって立てられた”と複数形になっている。複数形なのは何故か?一つは書かれたトーラー、もう一つは口伝律法であるからだ」(ラビ・シュロモ・シャブカ

チュニジア:「政府の後ろ盾」で、ユダヤ人に対する暴力の波

今日(4月8日)ホロコースト記憶日に、チュニジアのジェルバのユダヤ人会衆に深刻な攻撃が起きている。2人の現地人の男性が「祭司の島」にあるユダヤ人地区にやってきて、自宅前にいた20代のユダヤ人女性の首を長時間絞めていた。 幸運にも通行人が事件を察知し、襲撃者達を追い払うことに成功したが、地元の警察でも未だ犯人を確定できていない。ユダヤ人会衆では、今回の事件はチュニジアのユダヤ人会衆に対して日常的に暴

キッパを被るのは律法の義務なのか?

◎質問: キッパを被ることは義務なのか、それとも習慣なのか? ◎回答: 確かにキッパを被ることは聖書には記されていないが、しかしこれは義務である。聖書に記されているように、賢者達の声に従う事を神は命令している。「すなわち彼らが教える律法と、彼らが告げる判決とに従って行わなければならない。彼らが告げる言葉にそむいて、右にも左にもかたよってはならない」(申命記17:11)。 つまり賢者の教えに背いては

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.