エステル断食

 ユダヤ教賢者達はプリムの前夜祭に断食を決め、モルデハイとエステルが断食した記念日となっている。当時もこの日だったのか?エステルのオリジナルの断食日は過越し祭だった。それなら何故アダルの月に断食するのか?半シケルの習慣とは?

 エステル断食とは、イスラエルが断食する日の一つであり、「各自が苦難に陥った時に神がそれを全て見て聞いており、心から断食して神に戻ると当時のように神が祝福されることを記憶するため」(ラムバム)、つまりモルデハイとエステルが断食した日の断食であり、健康な人は全員それを行う義務がある。

 しかし妊婦、産後2年間の女性は断食から免除される習慣がある。多くのユダヤ教ラビ達は、コロナ感染病人も断食する必要が無いと決定し、アントワープのチーフ・ラビ・アハロンも、「コロナ感染した全員は、助けの哀れみがあるように、特に神の祝福で回復してから6カ月間は、エステル断食を行う必要はない」と判断している。

 ユダヤ教賢者達は今晩から始まるプリム前夜祭から断食を決めており、エステルの断食を記念した日である。しかしエステルのオリジナルの断食は過越し祭であるが、賢者達は断食日をなるべくプリム祭に近づけようとした。

 プリム前(今日の午後)の昼の祈りには、貧困者やシナゴーグにお金を寄付する習慣があり、市民犠牲の為に神殿で寄付した半シケル(現在の価値約15円)の記憶でもある。家に住む家族全員(女性にも)に最低でも半シケル贈与する。

 一部では聖書時代の半シケルに相当するものを与える習慣もあり、今日約10グラムの銀(つまり約26シケル)の価値であり、中には3枚の半シケル硬貨(決まった額を入れ、お金が入った器から3枚の硬貨を取り、「半シケルの記憶」と言いながら硬貨を置くのも可能)を与える習慣もある。

最新記事

すべて表示

モーセ五書と23個の事実:あなたの知らないトーラー

聖書の最も長い書物はどれか?モーセ五書のセレブは誰?エルサレムに神殿が建設されたとは何処に記述?(ヒント:書かれていない)。イスラエルの民はエジプトのピラミッドを建設したか?(ノー)。トーラー伝授の日、及びモーセ五書朗読の完了と開始の日を記念し、聖書に関した興味深い事実をここに記してみた。 1.一番長い書物 モーセ五書の中で最も長い書物は創世記である。50章と1,533節から成り立っている。創世記

スーコット祭の習慣と律法

◎ユダヤ暦5,772年スーコット祭 開始時間(9月20日)と終了時間(9月21日) エルサレム 18:02、19:13 テルアビブ 18:19、19:15 ハイファ  18:12、19:14 ベエルシェバ 18:20、19:14 ツファット 18:12、19:12 エイラット 18:09、19:13 ◎祭日 スーコット祭は、ティシュレイの月の15日から23日、つまり8日間続く。第一日目(最初の祭日

大贖罪日とは?神殿時代から今日まで

以前では大贖罪日は、大祭司の務めとして聖別されたものであり、イスラエルの民の罪を許してもらう為であった。今日祈祷が犠牲を捧げる代わりとなり、心の中の務めとして聖別されている。 ◎ユダヤ暦5,772年大贖罪日(9月15日開始時間と16日終了時間) エルサレム 18:09~19:19 テルアビブ 18:26~19:21 ハイファ  18:27~19:21 ベエルシェバ 18:27~19:21 ツファッ