エジプト人歌手がイスラエル人歌手と記念撮影し、大非難を受ける「ファンを失った」

 エジプトの歌手で俳優であるムマハッド・ラマダン氏が、イスラエル人の歌手であるオマル・アダム氏との写真が原因で、週末にソーシャルネットワークで嵐の中心となった。UAEの記者の隣で抱擁している二人の写真が、「アートは調和をもたらす」という題名で、アラビア語のイスラエル公式ツイッターで発表された後のことであった。

 ムハマッド氏は1千5百万人のフォロワーがいる自身のインスタグラムで、「一人一人の国籍、カラー、アイデンティティを私は問わない」と書いたが、それも火を消すことが出来ず激しい批判を受けた。「ファンを失った」、「アラブとイスラムの土地を2万2千平方キロメートル以上奪った連中を代表する者と写真を撮り、奪った場所をイスラエルと呼んでいる。現在も将来も地理的にこの場所はパレスチナである」などと書かれている。

 それ以外にも「無正常化」、「パレスチナ人はあなたをフォローするべきではない」などと書かれている。オメル・アダム氏は自身のインスタグラムに写真を載せ、エジプト人を友達として追加したが、ムハマッド氏は写真を載せていない。

 これらの非難コメント以外に、エジプトでも重要な役割があり、有名な俳優のアシュラフ・ザカイ氏は、ムハマッド氏とオマル氏二人の写真を非難し、法的な手段に出る可能性もあるとほのめかしている。「ムマハッド氏に対する罰則を明確にしてから法的手段を講じる」とも伝えている。

 これらの騒ぎの後でもオメル氏とイスラエルのアラブ語公式ページからムハマッド氏との写真を取り下げていない。イスラエル人歌手もこの騒ぎに関しては「ノーコメント」と伝えている。

最新記事

すべて表示

昨日も9千人以上の新規陽性者

保健省の発表によると、昨日の新規陽性者数は9,172人で、四日連続で9千人以上となっており、過去に9千人以上となったのは第二波の真っ最中であった9月30日のみである。約12万件のPCR検査が実施され、陽性率は7.6%とまだまだ高い。入院患者数1,848人、重症者1,097人、呼吸器付263人となっている。保健省では、封鎖解除の基準の一つが重症者の減少となっているが、ここ数日間1千人以上が継続されて

イスラエル軍ブルドーザーに向けてガザから2度発砲、戦車が応戦

ガザ地区ハン・ユーネス付近の国境フェンス近くで活動していた工作部隊に対し、ガザからD9ブルドーザーに向けて発砲があった。その直後にまた同じような発砲が起きた。イスラエル軍戦車が、発砲が起きた付近のハマス拠点を三か所攻撃した。イスラエル軍に負傷者は出ていない。 最初の発砲が起きた事件に関して軍スポークスマンは、「ガザ地区南部の国境フェンスの西側を工作活動中に、工作部隊に対して数発発砲された。その発砲

新規陽性者が二日連続して9千人以上

昨日は9,025人の新規陽性者が確認され、約12万5千件のPCRの検査で陽性率は7.2%であった。入院患者数1,760人、重症者1,043人、呼吸器付262人、死者3,770人となっている。1月初旬から今日まで既に428人死亡しており、去年11月は313人、12月は481人であった。現在感染者数も過去最高の78,215人となっている。 未だ感染状況が拡大していることを背景に、保健省ではもう1週間封

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.