エジプトで約5,200年前のビール醸造所が発見

 アメリカとエジプトの考古学者達が、世界で最古と思われる約5,200年前のビール醸造所を発見した。エジプト考古学最高評議会事務局長のムスタファ・ワジリ氏によるとビール醸造所は、カイロから南約450km地点のナイル川西部の砂漠に位置する古代墓地の近くにある古代都市アビダスで発見された。この工場は、エジプトを一つの王朝に統一した人物と考えられているナルメル王時代のものと思われている。今から約5,200年前の時代である。

 エジプト考古学最高評議会事務局長によると遺跡では、考古学者達は大きな8部屋を発見し、長さは約20mで幅が約2.5mであった。各部屋には40個の陶器の壺が発見されており、2列に並んでいて穀物と水の混合物を温めてビールを製造するためのものであった。

 現地の調査リーダーの一人であるニューヨーク大学のマティオ・アダムス教授は、式典にビールを供給する為に、この地域にビール工場が建設されたと語っている。彼によると古代エジプトの式典でビールが使用されいたことを証明する証拠が、考古学者達によって過去に発見されているとのこと。

 初代王朝のファラオ達はアビダスに埋葬され、紀元前3,200年末まで支配していた第一王朝の創設者であるナルメル王も埋葬された。その後継者であるホルアハ王もこの町に葬られた。

 テルアビブでも5年前に古代ビール醸造所が発見されている。2015年テルアビブのハマスゲル通り付近で考古学局が行った発掘では、今から約5,000年前のビール製造に使用された古代の陶器破片が発見された。そこでは農作物の貯蔵に使用されたと思われる17個の穴も発見されている。

 テルアビブの古代ビールは大麦と水の混合物で製造され、一部を焼いた後に太陽の元で発酵させていた。この混合物には様々な果物エキスが添加され、味の改善やアロマを与える為であった。

最新記事

すべて表示

エルサレムの発掘で、2,700年前の豚の骨が発見

2,700年前の豚の完全な骨が、ダビデの町国立公園で実施されている考古学発掘の一環として発見された。遺跡には、建物の破壊と崩壊の痕跡が残っており、子豚も含めて中身事下敷きになったと思われる。テルアビブ大学リダー学者、及び考古学局オルタル氏の研究結果は、Near Eastern Archaeology誌に掲載された。 リダー学者は、若い豚の骨と判定し、最低でも生後7か月としている。彼女の説明によると

イェロバアルという名を刻んだ、士師記時代の希少な碑文が発見

士師記に関連した同時代の碑文が、キリヤットガット付近のエルラアイ遺跡の考古学発掘で発見された。この希少な碑文は、アルファベイト文字で「イェロバアル」という名を刻んでおり、紀元前1,100年頃とみられている。陶器にインキで記されており、石で床が作られた、地中に掘られた貯蔵サイロの中で発見された。 現場での発掘は2015年から毎年行われており、現在7回目の発掘が実施されている。この発掘は、エルサレムの

神殿参拝前に有力者達を接待した建物が発見される

今朝、第二神殿時代のエルサレムで発見された、最も豪華な公共施設の一つが公開された。西の壁遺産基金と考古学局の発見は、嘆きの壁トンネルでここ数年間実施された考古学発掘の結果である。 考古学局は、ウイルソン・アーチと神殿の丘の西側で発見された建物の一部は、既に19世紀にチャールス・ウォーレンによって発見・記述されており、20世紀の様々な発掘者によっても記述されている。今回の発掘によって全体が発掘され、