エジプトで約5,200年前のビール醸造所が発見

 アメリカとエジプトの考古学者達が、世界で最古と思われる約5,200年前のビール醸造所を発見した。エジプト考古学最高評議会事務局長のムスタファ・ワジリ氏によるとビール醸造所は、カイロから南約450km地点のナイル川西部の砂漠に位置する古代墓地の近くにある古代都市アビダスで発見された。この工場は、エジプトを一つの王朝に統一した人物と考えられているナルメル王時代のものと思われている。今から約5,200年前の時代である。

 エジプト考古学最高評議会事務局長によると遺跡では、考古学者達は大きな8部屋を発見し、長さは約20mで幅が約2.5mであった。各部屋には40個の陶器の壺が発見されており、2列に並んでいて穀物と水の混合物を温めてビールを製造するためのものであった。

 現地の調査リーダーの一人であるニューヨーク大学のマティオ・アダムス教授は、式典にビールを供給する為に、この地域にビール工場が建設されたと語っている。彼によると古代エジプトの式典でビールが使用されいたことを証明する証拠が、考古学者達によって過去に発見されているとのこと。

 初代王朝のファラオ達はアビダスに埋葬され、紀元前3,200年末まで支配していた第一王朝の創設者であるナルメル王も埋葬された。その後継者であるホルアハ王もこの町に葬られた。

 テルアビブでも5年前に古代ビール醸造所が発見されている。2015年テルアビブのハマスゲル通り付近で考古学局が行った発掘では、今から約5,000年前のビール製造に使用された古代の陶器破片が発見された。そこでは農作物の貯蔵に使用されたと思われる17個の穴も発見されている。

 テルアビブの古代ビールは大麦と水の混合物で製造され、一部を焼いた後に太陽の元で発酵させていた。この混合物には様々な果物エキスが添加され、味の改善やアロマを与える為であった。

最新記事

すべて表示

半顔の「幸運」用青銅製ランプがダビデの町で発見

青銅製の特に希少なランプが、エルサレムのダビデの町で、第二神殿破壊後(西暦1世紀末から西暦2世紀初頭)のローマ時代の建物の基礎で発見された。この特殊なランプは建物の基礎に故意的に埋められ、現場の研究者達の想定によると、建築物への捧げものとして利用されたとしている。「古代世界で普及していた建築物への捧げものは、幸運用であり、建築物と住人の存在継続を約束し、通常建物の床下か基礎部に埋められた」と、考古

ヘロデ大王の錨、死海の歴史的記憶

世界で最も低い場所である死海(現在は海面下435m)は、砂漠と地中海気候地域の間に広がる広大な土地からの水や堆積物を受け入れる場所であり、レバント地方の「雨量計」として使用されている。死海の水位は昔から低かったのか、死海の周りは特に乾燥していたのか、又は現在の異常気象や人的影響が1950年代から始まった水位の急低下を起こしたのか(当時の水位は海面下400mであった)? 最近アメリカの地球物理学学会

非ユダヤ人の町で発見された、謎の地下トンネル

イスラエルでは長年、数百個の地下トンネルが発見されているが、主にユダ地方、ベニヤミンとサマリア南部に集中しており、ガリラヤにも数十個の地下トンネルがあることが分かっている。これらの隠れ場の共通点は、いつもユダヤ人居住地の地下に掘られている事であった。その為に、数十年前に異邦人の居住地であったテル・シューシャのゲバ・パラシームで地下トンネルが発見され、最近再調査されて驚きの結論が出された。異邦人居住