エジプトで約5,200年前のビール醸造所が発見

 アメリカとエジプトの考古学者達が、世界で最古と思われる約5,200年前のビール醸造所を発見した。エジプト考古学最高評議会事務局長のムスタファ・ワジリ氏によるとビール醸造所は、カイロから南約450km地点のナイル川西部の砂漠に位置する古代墓地の近くにある古代都市アビダスで発見された。この工場は、エジプトを一つの王朝に統一した人物と考えられているナルメル王時代のものと思われている。今から約5,200年前の時代である。

 エジプト考古学最高評議会事務局長によると遺跡では、考古学者達は大きな8部屋を発見し、長さは約20mで幅が約2.5mであった。各部屋には40個の陶器の壺が発見されており、2列に並んでいて穀物と水の混合物を温めてビールを製造するためのものであった。

 現地の調査リーダーの一人であるニューヨーク大学のマティオ・アダムス教授は、式典にビールを供給する為に、この地域にビール工場が建設されたと語っている。彼によると古代エジプトの式典でビールが使用されいたことを証明する証拠が、考古学者達によって過去に発見されているとのこと。

 初代王朝のファラオ達はアビダスに埋葬され、紀元前3,200年末まで支配していた第一王朝の創設者であるナルメル王も埋葬された。その後継者であるホルアハ王もこの町に葬られた。

 テルアビブでも5年前に古代ビール醸造所が発見されている。2015年テルアビブのハマスゲル通り付近で考古学局が行った発掘では、今から約5,000年前のビール製造に使用された古代の陶器破片が発見された。そこでは農作物の貯蔵に使用されたと思われる17個の穴も発見されている。

 テルアビブの古代ビールは大麦と水の混合物で製造され、一部を焼いた後に太陽の元で発酵させていた。この混合物には様々な果物エキスが添加され、味の改善やアロマを与える為であった。

最新記事

すべて表示

1万2千年前のガリラヤ湖付近で食べられていた物

ヘブライ大学とコネチカット大学の研究者達が、エン・ゲブ川Ⅱの先史時代の遺跡で行った新しい調査で、1万2千年前の原住民たちの食料事情を明らかにした。調査結果はArchaeological and Anthropological Sciences誌に掲載された。 今回の調査は、ガリラヤ湖の東約2kmに位置するエン・ゲブ川Ⅱのナトゥーフ文化の村の発見をベースとしており、当時レバントで最大の淡水源と考えら

「勇者」ファラオは戦死した

約3,600年前にエジプトを支配していたファラオの死因の謎に関して、新しい予想が調査によって提案されている。このようにエジプト考古学省が伝えた。「勇者」と呼ばれているスカンナラ・タオ王は南部エジプトを支配し、ナイル川のデルタ地方を支配したヒクソス人に対して軍隊を率い、その後彼らをカナンの地へ追い出した人物として知られている。 スカンナラの遺体は1960年代にレントゲンで調査され、ミイラ職人の高い技

ヘロデ大王が妻と姑を処刑した要塞遺跡

「素晴らしい強固な要塞が高い山の上にある」と2千年前のヨセフス・フラビウスが描写した、90号線から西側の「ミフガシュ・ハビクアー」の少し北に尖った山がある。この山には多くの歴史的なドラマ、強固な要塞、荘厳な宮殿や隠された財宝の話がある。エルサレムで新月が観測されると、毎回バビロンの離散の地までそれを伝えるために、毎月かがり火が焚かれた場所としても利用された。今日でも山頂に行くには困難だが、努力する

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.