エコノミスト:テルアビブが世界で物価が高い町の5位

 エコノミスト・マガジンが発表する世界の物価が高い町(Worldwide Cost of Living )の年間ランキングで、テルアビブが5位にランク付けされた。前回と比べるとテルアビブは2位上昇し、前回のランキングで1位から下がった大阪と一緒にランク付けされた。

 同列1位は香港、チューリッヒとパリで、次にコロナの影響で外国人労働者が減少したことで値下がりしたシンガポールが4位となっている。ジュネーブ、ニューヨーク、コペンハーゲンとロスアンゼルスが上位10位を占めている。

 このランキングは、138商品とサービスを世界130都市で比較することをベースとしている。ニューヨークの点数を100点とし、それと比較して各都市に点数が付けられる。テルアビブは101点で、1位の点数は103点であった。

 生活費の最も大きな上昇があったのはテヘランで、前回の106位から79位まで上昇し、これもアメリカの経済制裁が影響している。その他に値上がりが記録されている他の都市は、西オーストラリアのバースと中国の広州となっている。

 これとは対照的に、アイスランドの首都レイキャビクは、27位脱落して56位となっている。アメリカ、アフリカと東ヨーロッパの都市は、この一年間で物価も低くなっているが、西ヨーロッパでは値上がりが記録されている。この傾向は、ドルに対するヨーロッパ通貨が強くなっていることでも反映されている。

 最も値上がりした商品はタバコとレジャー製品(電子機器も含む)で、最も値下がりしたのは衣服となった。これもコロナの影響で、その結果普段の生活習慣に変化が起きたと見られている。

最新記事

すべて表示

昨日も9千人以上の新規陽性者

保健省の発表によると、昨日の新規陽性者数は9,172人で、四日連続で9千人以上となっており、過去に9千人以上となったのは第二波の真っ最中であった9月30日のみである。約12万件のPCR検査が実施され、陽性率は7.6%とまだまだ高い。入院患者数1,848人、重症者1,097人、呼吸器付263人となっている。保健省では、封鎖解除の基準の一つが重症者の減少となっているが、ここ数日間1千人以上が継続されて

イスラエル軍ブルドーザーに向けてガザから2度発砲、戦車が応戦

ガザ地区ハン・ユーネス付近の国境フェンス近くで活動していた工作部隊に対し、ガザからD9ブルドーザーに向けて発砲があった。その直後にまた同じような発砲が起きた。イスラエル軍戦車が、発砲が起きた付近のハマス拠点を三か所攻撃した。イスラエル軍に負傷者は出ていない。 最初の発砲が起きた事件に関して軍スポークスマンは、「ガザ地区南部の国境フェンスの西側を工作活動中に、工作部隊に対して数発発砲された。その発砲

新規陽性者が二日連続して9千人以上

昨日は9,025人の新規陽性者が確認され、約12万5千件のPCRの検査で陽性率は7.2%であった。入院患者数1,760人、重症者1,043人、呼吸器付262人、死者3,770人となっている。1月初旬から今日まで既に428人死亡しており、去年11月は313人、12月は481人であった。現在感染者数も過去最高の78,215人となっている。 未だ感染状況が拡大していることを背景に、保健省ではもう1週間封

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.