エコノミスト:テルアビブが世界で物価が高い町の5位

 エコノミスト・マガジンが発表する世界の物価が高い町(Worldwide Cost of Living )の年間ランキングで、テルアビブが5位にランク付けされた。前回と比べるとテルアビブは2位上昇し、前回のランキングで1位から下がった大阪と一緒にランク付けされた。

 同列1位は香港、チューリッヒとパリで、次にコロナの影響で外国人労働者が減少したことで値下がりしたシンガポールが4位となっている。ジュネーブ、ニューヨーク、コペンハーゲンとロスアンゼルスが上位10位を占めている。

 このランキングは、138商品とサービスを世界130都市で比較することをベースとしている。ニューヨークの点数を100点とし、それと比較して各都市に点数が付けられる。テルアビブは101点で、1位の点数は103点であった。

 生活費の最も大きな上昇があったのはテヘランで、前回の106位から79位まで上昇し、これもアメリカの経済制裁が影響している。その他に値上がりが記録されている他の都市は、西オーストラリアのバースと中国の広州となっている。

 これとは対照的に、アイスランドの首都レイキャビクは、27位脱落して56位となっている。アメリカ、アフリカと東ヨーロッパの都市は、この一年間で物価も低くなっているが、西ヨーロッパでは値上がりが記録されている。この傾向は、ドルに対するヨーロッパ通貨が強くなっていることでも反映されている。

 最も値上がりした商品はタバコとレジャー製品(電子機器も含む)で、最も値下がりしたのは衣服となった。これもコロナの影響で、その結果普段の生活習慣に変化が起きたと見られている。

最新記事

すべて表示

イスラエル人が、コロナ賠償訴訟を中国に対して試み、地方裁判所は却下

コロナ被害に対して中国を訴えることを考えている人達は、もう一度考え直す方が良い。テルアビブ地方裁判所は今日(火曜日)、コロナ禍に関するイスラエルに於いて、中国に提起する集団訴訟承認申請を却下した。 ミハル裁判官は、「この案件に関して中華人民共和国には、この裁判所の管轄権に対して免除されている。中華人民共和国は、承認申請書に対しても答弁書を提出しておらず、免除の主張も唱えておらず、イスラエル司法長官

イスラエルが空中レイザー迎撃実験に成功

レイザーを使用した迎撃プロジェクトにおいて、防衛システムの重要な進歩があった。国防省兵器開発部(マパット)とエルビット社は、今日(月曜日)パルマヒーム実験センター正面の地中海上空で最近実施された実験の終了を発表し、その過程でイスラエル空軍と開発しているシステムが、10機の無人機を迎撃することに成功した。 空中レイザー発射砲は、数十機の迎撃を次々と実施することが出来、今回の実験のためにこのシステムが

神殿の丘で暴動:警察へ投石、16人が逮捕

金曜日に数十人のアラブ人若者が、神殿の丘の入口を警備している警官隊に対して投石をし、暴動の容疑で16人が逮捕された。警察によると、一部の暴徒達はユダヤ人達に危害を加えることを呼びかけ、「カイバー、カイバー(注:カイバーの戦い)、ユダヤ人、ムハンマッドの軍は再来する」と叫んでいた。 警察によると、暴動は金曜日の昼の祈祷終了後に神殿の丘内で始まり、神殿の丘のチェーン門に向かって数百人が行進を開始した。