エコノミスト:テルアビブが世界で物価が高い町の5位

 エコノミスト・マガジンが発表する世界の物価が高い町(Worldwide Cost of Living )の年間ランキングで、テルアビブが5位にランク付けされた。前回と比べるとテルアビブは2位上昇し、前回のランキングで1位から下がった大阪と一緒にランク付けされた。

 同列1位は香港、チューリッヒとパリで、次にコロナの影響で外国人労働者が減少したことで値下がりしたシンガポールが4位となっている。ジュネーブ、ニューヨーク、コペンハーゲンとロスアンゼルスが上位10位を占めている。

 このランキングは、138商品とサービスを世界130都市で比較することをベースとしている。ニューヨークの点数を100点とし、それと比較して各都市に点数が付けられる。テルアビブは101点で、1位の点数は103点であった。

 生活費の最も大きな上昇があったのはテヘランで、前回の106位から79位まで上昇し、これもアメリカの経済制裁が影響している。その他に値上がりが記録されている他の都市は、西オーストラリアのバースと中国の広州となっている。

 これとは対照的に、アイスランドの首都レイキャビクは、27位脱落して56位となっている。アメリカ、アフリカと東ヨーロッパの都市は、この一年間で物価も低くなっているが、西ヨーロッパでは値上がりが記録されている。この傾向は、ドルに対するヨーロッパ通貨が強くなっていることでも反映されている。

 最も値上がりした商品はタバコとレジャー製品(電子機器も含む)で、最も値下がりしたのは衣服となった。これもコロナの影響で、その結果普段の生活習慣に変化が起きたと見られている。

最新記事

すべて表示

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

二日連続:ガザ周辺でロケット着弾、イスラエル軍がガザを攻撃

昨夜(金曜日)ガザから発射されたロケットは、ネゲブ西部のエシュコール自治体の野原に着弾した。ミサイル発射により、ホリットとシャデイ・アブラハムで21時43分に警報が作動した。イスラエル軍によると、国内へ向けたロケット発射が1発確認されたとのこと。エシュコール自治体によると、ロケットは居住地外の野原で爆発したと思われ、軍が調査をしていると伝えている。負傷者や被害は出ていない。 その報復として、イスラ

シュデロット市の野原でロケットが着弾、イスラエル軍はガザに報復攻撃

独立記念日が明けた直後にガザから発射されたロケットがシュデロット市付近の野原に着弾した。昨夜は21時1分に、シャアル・ハネゲブ地方自治体のシュデロット市とキブツ・ニール・アム付近で警報が鳴った。シュデロット市役所からは、負傷者や被害の報告はないと伝えられている。この報復としてイスラエル軍はガザのハマス拠点を攻撃した。 イスラエル軍スポークスマンによると、ガザで攻撃された標的は、武器製造工場、武器密

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.