イランによるイスラエルへのサイバー攻撃

先月イスラエル全土での六箇所がサイバー攻撃によって影響を受け、アメリカによるとイランが背後にいると伝えられた。その報復としてイスラエルがイランの港にサイバー攻撃したと報じられている。

先月イスラエル全土での水道供給システムがイランからのサイバー攻撃を受け、データの改ざんによる不整備や、ポンプが自動操作から切り離されて止まらずに動いたり、水道会社の供給システムが乗っ取られたことが報告された。ただし水の供給には影響は出なかったとのこと。

サイバー攻撃を受けた水道会社には、直ちにパスワードの変更が指示され、パスワードが変更不可能な場所ではインターネットから切り離された。

5月9日にはイスラエルのサイバー攻撃がホルムズ海峡にある港で行われ、船舶、トラックや荷物を管理するコンピュータがシャットダウンされた。イラン筋でも海外のハッカーによって港のコンピュータがネットワークから切り離されたと発表した。ワシントンポストでは、イスラエルがこの攻撃の背後にいると伝えている。

アメリカではない関係筋によると、イスラエルのサイバー攻撃はとても正確で、イランが発表している以上の被害が出ているとのこと。衛星写真によると攻撃当日には港への道に数キロのトラック渋滞が見られ、数十隻の船舶が3日間停泊していたとのこと。

最新記事

すべて表示

テロリストを認識して攻撃:ガザ国境で戦うイスラエル軍最新ロボット

国境付近で戦うロボットが初公開。ガザ師団では、航空産業社製のロボット「ヤグアル」(ジャガー)が導入され、遠隔操作でテロリストを認識・攻撃が可能となる最初のロボットになると期待されている。 エルビット社とエルタ社製のテクノロジーで、ここ数年間イスラエルで開発された。ロボットは既に現場の最初の軍事作戦結果を出しており、ベイト・ラヒヤとベイト・ハヌーン正面に駐屯する北部旅団の管轄下にある。このロボットの

二日連続:ガザ周辺でロケット着弾、イスラエル軍がガザを攻撃

昨夜(金曜日)ガザから発射されたロケットは、ネゲブ西部のエシュコール自治体の野原に着弾した。ミサイル発射により、ホリットとシャデイ・アブラハムで21時43分に警報が作動した。イスラエル軍によると、国内へ向けたロケット発射が1発確認されたとのこと。エシュコール自治体によると、ロケットは居住地外の野原で爆発したと思われ、軍が調査をしていると伝えている。負傷者や被害は出ていない。 その報復として、イスラ

シュデロット市の野原でロケットが着弾、イスラエル軍はガザに報復攻撃

独立記念日が明けた直後にガザから発射されたロケットがシュデロット市付近の野原に着弾した。昨夜は21時1分に、シャアル・ハネゲブ地方自治体のシュデロット市とキブツ・ニール・アム付近で警報が鳴った。シュデロット市役所からは、負傷者や被害の報告はないと伝えられている。この報復としてイスラエル軍はガザのハマス拠点を攻撃した。 イスラエル軍スポークスマンによると、ガザで攻撃された標的は、武器製造工場、武器密

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.