イランによるイスラエルへのサイバー攻撃

先月イスラエル全土での六箇所がサイバー攻撃によって影響を受け、アメリカによるとイランが背後にいると伝えられた。その報復としてイスラエルがイランの港にサイバー攻撃したと報じられている。

先月イスラエル全土での水道供給システムがイランからのサイバー攻撃を受け、データの改ざんによる不整備や、ポンプが自動操作から切り離されて止まらずに動いたり、水道会社の供給システムが乗っ取られたことが報告された。ただし水の供給には影響は出なかったとのこと。

サイバー攻撃を受けた水道会社には、直ちにパスワードの変更が指示され、パスワードが変更不可能な場所ではインターネットから切り離された。

5月9日にはイスラエルのサイバー攻撃がホルムズ海峡にある港で行われ、船舶、トラックや荷物を管理するコンピュータがシャットダウンされた。イラン筋でも海外のハッカーによって港のコンピュータがネットワークから切り離されたと発表した。ワシントンポストでは、イスラエルがこの攻撃の背後にいると伝えている。

アメリカではない関係筋によると、イスラエルのサイバー攻撃はとても正確で、イランが発表している以上の被害が出ているとのこと。衛星写真によると攻撃当日には港への道に数キロのトラック渋滞が見られ、数十隻の船舶が3日間停泊していたとのこと。

最新記事

すべて表示

昨日も9千人以上の新規陽性者

保健省の発表によると、昨日の新規陽性者数は9,172人で、四日連続で9千人以上となっており、過去に9千人以上となったのは第二波の真っ最中であった9月30日のみである。約12万件のPCR検査が実施され、陽性率は7.6%とまだまだ高い。入院患者数1,848人、重症者1,097人、呼吸器付263人となっている。保健省では、封鎖解除の基準の一つが重症者の減少となっているが、ここ数日間1千人以上が継続されて

イスラエル軍ブルドーザーに向けてガザから2度発砲、戦車が応戦

ガザ地区ハン・ユーネス付近の国境フェンス近くで活動していた工作部隊に対し、ガザからD9ブルドーザーに向けて発砲があった。その直後にまた同じような発砲が起きた。イスラエル軍戦車が、発砲が起きた付近のハマス拠点を三か所攻撃した。イスラエル軍に負傷者は出ていない。 最初の発砲が起きた事件に関して軍スポークスマンは、「ガザ地区南部の国境フェンスの西側を工作活動中に、工作部隊に対して数発発砲された。その発砲

新規陽性者が二日連続して9千人以上

昨日は9,025人の新規陽性者が確認され、約12万5千件のPCRの検査で陽性率は7.2%であった。入院患者数1,760人、重症者1,043人、呼吸器付262人、死者3,770人となっている。1月初旬から今日まで既に428人死亡しており、去年11月は313人、12月は481人であった。現在感染者数も過去最高の78,215人となっている。 未だ感染状況が拡大していることを背景に、保健省ではもう1週間封

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.