イスラエル博物館が再開

 トンネルの先の光。イスラエル博物館が4百万ドルの寄付金を得て再開することとなった。保健省が再開を許可したにも関わらず、経済的理由で3月から現在まで閉鎖されていた。今回の寄付により再開が可能となり、約400名の従業員の減給も不必要となった。

 「イスラエル博物館へ特別な寄付をすると通知した、アメリカの博物館支援者達のお陰で博物館を直ちに再開することが可能となり、従業員の減給も不必要になったことをここに喜んでお知らせします」と博物館館長のイド教授は語った。「我々はアメリカのイスラエル博物館フレンドリー協会に対し、当博物館への限りない支援に対し感謝します。これはイスラエルの文化と芸術への信頼の証であり、心から感謝しております」とも語った。

 コロナ感染で3月から文化施設が閉鎖されたが、テルアビブ美術博物館、エレツ・イスラエル博物館などは既に再開し、イスラエル博物館だけが閉鎖したままで従業員は6月末まで無給休暇に出された。今週初めに博物館の外で従業員のデモが起き、経営陣は博物館を閉鎖している期間の給与を支払わないことで数百万シケルの経費を節約し、従業員を人質として残していると訴えていた。

最新記事

すべて表示

母親が探すのを止めず、アウシュビッツで引き裂かれた娘を75年後に発見

ディナとジン姉妹は、ナチスによって母親から強制的に引き離された自分達の姉であるエバを数十年間探し続けてきた。全ての努力が水の泡となった後に、二人はDNA検査の実施を決心した。数週間後には目を何度もこするほど信じられない、全く知らなかった姪っ子とDNA結果が同じであった。二人は直ぐに彼女は失われた姉であるとの結論に達し、MyHeritageチームの詳細な調査により、長年問い続けてきた家族にやっと回答

全航空会社がイスラエルへのフライトを過越し祭まで凍結する恐れ

アウトバンド観光業界では、最低3月まで継続する恐れがある空港の封鎖により、航空会社がフライトを過越し祭まで凍結すると懸念している。デルタ航空はイスラエル政府が発表したフライト制限により、ニューヨーク―テルアビブ間のフライトを一時停止したことを発表した。 「デルタ航空はイスラエルとアメリカ間の飛行機便を運航することを継続し、コロナ感染に関連した規制をイスラエル政府が解除する時にその活動を再開する」と

第一次世界大戦の手りゅう弾が公園で発見

第一次世界大戦でイギリス軍が使用した手りゅう弾が、エルサレムのサッカー公園での改築プロジェクトに於ける考古学発掘によって発見された。エルサレムは実際には1917年12月9日に無血開城され、その二日後にアーレンビー将軍が旧市街に入場し、オスマントルコ軍は退避していた。 エルサレム市役所の重要なプロジェクトの一つで、サッカー公園を改築する目的でモリヤ会社が十石市手織り、数千万シケルを投資してエルサレム

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.