イスラエル体験談:沐浴=洗礼

ユダヤ教では身体を浄めるために沐浴というものがあります。特にユダヤ教徒の女性は毎月のものが終わってから必ず沐浴をして身体を浄めてからでないと、旦那と一緒に寝ることも禁止されています。そのユダヤ教の沐浴からキリスト教の洗礼というものが生まれていますが、よく想像図では洗礼者ヨハネがイエスの頭の上に水をかけている絵画がほとんどです。想像図というのは殆ど間違っていますので、その違いについて説明しておきます。

まずユダヤ教では沐浴場に使用される水は、貯水槽などに溜まった雨水の上辺だけの水が沐浴に適した水となっています。ヨルダン川の水はガリラヤ湖に溜まった雨水の上辺が流れてくるので自然に適した沐浴の水なのです。そのために洗礼者ヨハネはヨルダン川で沐浴を施していた(マタイ3:13、マルコ1:9)のです。それも川の中でやっていたのではなく、ちゃんと川岸に沐浴場となる穴を掘り沐浴を施していたことが想像できます。今日の学者達の間ではヨルダン領内で行っていたという見解になっています。

沐浴する人達はまず指輪やイヤリングなどを含んだ全てのものを外さなければいけない決まりになっており、全裸になって生まれた時の状態に戻らなければなりません。そしてラビが見ている前で自分で水の中に頭のてっぺんまで三回ズボンズボンと入ります。その時に髪の毛一本でも水の外に出ていてはならないのでそれをラビが監視しているのです。イエスも全裸になり自分で沐浴場に入り、ヨハネはそれをただ見ていただけで何もしていないということが理解できると思います。

水の中に三回入るのは母親のお腹の中にいる赤ちゃんの羊水に戻ることを意味しており、そこから出てくる自分は赤ちゃんのように無垢な身体という意味を表しています。ユダヤ教改宗の最後のステップとして沐浴があるのも、自分は新しくユダヤ人として生まれ変わったということを表しているのです。

これがユダヤ教の沐浴の方法と意味であり、イエスの時代も全く同じことがなされていたわけです。ただ毎回毎回このような沐浴をすることは大変面倒なので、キリスト教ではこれが簡潔化されて現在の頭にだけかける洗礼というものに変わっていったのです。

そのキリスト教でも浸礼という儀式もあり、水の中に入った信者さんの両脇を抱えて後ろに倒して起き上がらせるという方法は映像でも見たことがあるかと思います。後方に寝かすことは古い自分が死んだことを表しており、起き上がらせるのはキリスト教徒として復活したということを表しています。

次回はヘブライ語について。

最新記事

すべて表示

ラビの教えの儀式と習慣は異教が起源(前編)

ユダヤ教ラビの伝統として知られている儀式の一部のリストだが、異教が起源となっていることに関する説明だ。この論文では、以下の儀式や習慣を調査している。ヒンナ、トイレの悪魔、ガラスのコップ割り、占星術と幸運、ゲマトリア、転生、リトルマーメイド、魔術、迷信、傲慢、海の神、追悼の祈祷、お守り、聖なるロウソク、プリムのカーニバル、ヒルラ、義人の墓でのうつ伏せ、聖人の絵、パンの分配、過越し祭前夜祭とシンポジウ

複数のトーラーとは口伝律法のことなのか(レビ記26:46)

「書かれたトーラー(注:聖書)には、我々のラビ・モーセは神から二つのトーラーを受け取り、一つは書かれたトーラーともう一つは口伝律法であり、このようにも書いている:”定めと、おきてと、律法である”。”律法”は単数形ではなく、”これらは主が、シナイ山で…モーセによって立てられた”と複数形になっている。複数形なのは何故か?一つは書かれたトーラー、もう一つは口伝律法であるからだ」(ラビ・シュロモ・シャブカ

チュニジア:「政府の後ろ盾」で、ユダヤ人に対する暴力の波

今日(4月8日)ホロコースト記憶日に、チュニジアのジェルバのユダヤ人会衆に深刻な攻撃が起きている。2人の現地人の男性が「祭司の島」にあるユダヤ人地区にやってきて、自宅前にいた20代のユダヤ人女性の首を長時間絞めていた。 幸運にも通行人が事件を察知し、襲撃者達を追い払うことに成功したが、地元の警察でも未だ犯人を確定できていない。ユダヤ人会衆では、今回の事件はチュニジアのユダヤ人会衆に対して日常的に暴

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.