イスラエルへ今までに850発のロケット攻撃、ガザのハマス上層部2人が暗殺

 イスラエル軍は今朝(水曜日)、南部で状況が悪化してから現在までに、約850発のロケットがガザからイスラエルへ発射され、迎撃は85%の成功率を収めている。南部司令部に属している162師団は、ガザでの作戦拡大準備に関する会議が持たれており、空挺旅団も南下する準備をしている。イスラエル軍では現在までに、ガザ地区内の500以上の目標を攻撃し、イスラエル軍スポークスマンによると、「ハマス上層部は隠れているが、帰宅すれば家が破壊されている」と伝えている。

 ロッドの暴動により、国境警備隊の9個大隊が同都市に移動し、その代わりにイスラエル軍2個大隊がユダ・サマリア地方に移動した。西岸地区のハマス活動家数十人が昨夜逮捕されている。「イスラエルの攻撃は強化され、ハマスの息は段々と小さくなっており、数日間ロケット攻撃しても続かない」と、イスラエルスポークスマンは述べた。

 現在までの850発のロケット発射以外に、イスラエル軍では約200発のロケット発射が失敗し、ガザ地区内に着弾したことを確認している。「テルアビブ方面へのロケット攻撃には驚いてはいない、ハマスはテルアビブに対して発射することは知っていた。どれだけロケットを発射しようが、強力に撃ち落とすまでだ」とイスラエル軍では語っている。一部のロケットが防衛システムの突破に成功したロケットの集中発射を背景に、イスラエル軍では2機のアイアンドームに故障があったが、直ちに故障も修理され、故障中でもアシュケロンは防衛化にあったと伝えている。

 またイスラエル軍では一般治安局との共同作戦で、ハマス軍事情報部責任者であるハッサンと、その副官で諜報責任者ワイールを含む、ハマス情報システムの上層部が殺害されたと発表した。ワイールはハマス軍事部副官マルワン・イッサの兄弟でもある。2人は滞在していたガザ市のテル・アルハワ居住地にあるビル内で、戦闘機の攻撃によって暗殺された。

 イスラエル軍スポークスマンは、ハマスの別の高層ビルを攻撃したことを発表し、同ビル内にはハマスの情報司令部、説明司令部、ガザ・西岸旅団が入っていた。ガザ北部のリマル居住地内にあったこのビルは、イスラエルの戦闘機によって攻撃された。その数分後にイスラエル軍飛行機が、ロケット発射の準備をしていたハマスメンバー2人を殺害している。またガザ市の警察署も攻撃を受け、それ以外にハマスの内務省に属した治安部隊に属する建物も攻撃を受けている。

 またイスラエル軍では、テロ活動の拠点として利用されているハマス組織上層部の家を攻撃したことも発表した。ガザ旅団長バッセム、ハンユーネス旅団長ラファ、ハマス軍事諜報システム責任者ムマハッドの家だとのこと。

 平行して海外にいるハマスリーダーのハラッド・マシュアルは、イスラエル・アラブ人の暴動を扇動し、デモを継続するように呼び掛けている。「我々の同法によって火が付いた」と、テルアビブ周辺へのロケット集中攻撃後に語っている。「これは全員の戦いであり、全員が参加することを余儀なくされている。我々の同胞は占領者の中に潜んでいる。戦い、怒りと放火を継続せよ。あなた方がこの地の本当の所有者であり、シオニスト達は追放される必要がある」と述べている。

 それ以外に、「これはいろいろな意味で特別な戦いである。我が民族のメッセージは、エルサレムとエルアクサを救う戦いであり、敵の戦略の失敗である。抗議は我々の同胞を守る為であり、全員が一致団結した戦いであるという証明だ。抗議の力に誇りを持っている」とも伝えている。

 このメッセージは、イスラエルで犠牲者を出した、過去数十年間で見たこともないようなテルアビブ周辺へのロケット集中攻撃の数分後に発表された。比較的に静かに数時間が経過した後に3時にロケット攻撃が再開し、テルアビブ周辺、シャロン地方と南部へロケットの集中攻撃があった。またこの時に初めてベエルシェバへもロケットが発射された。ロッドでは、イスラエル・アラブ人の52歳の父親と16歳の娘がロケット攻撃で死亡しており、一晩中ガザからのロケット集中攻撃は継続されていた。テルアビブでは、シェルターに避難途中の74歳の男性が倒れ、蘇生治療を受けて病院へ搬送されている。

 ハマスはガザへのイスラエル軍攻撃への報復攻撃として、最低でも110発のロケットを発射したと発表したが、1時間以内に数百発がイスラエルへ発射されたと想定されている。イスラエル軍の攻撃は現在でも継続されており、ブネイブラク、ヤッフォーとラムレでも着弾したとの報告が出ている。イェフードでは家が直撃を受けたが、住民はシェルターに避難していて無事であった。アイアンドームの迎撃ミサイルの破片がベエルシェバにも落下している。テルアビブ周辺でもミサイル着弾による地下整備に被害が起きたと報告されているが、負傷者は出ていない。

最新記事

すべて表示

イスラエルが空中レイザー迎撃実験に成功

レイザーを使用した迎撃プロジェクトにおいて、防衛システムの重要な進歩があった。国防省兵器開発部(マパット)とエルビット社は、今日(月曜日)パルマヒーム実験センター正面の地中海上空で最近実施された実験の終了を発表し、その過程でイスラエル空軍と開発しているシステムが、10機の無人機を迎撃することに成功した。 空中レイザー発射砲は、数十機の迎撃を次々と実施することが出来、今回の実験のためにこのシステムが

神殿の丘で暴動:警察へ投石、16人が逮捕

金曜日に数十人のアラブ人若者が、神殿の丘の入口を警備している警官隊に対して投石をし、暴動の容疑で16人が逮捕された。警察によると、一部の暴徒達はユダヤ人達に危害を加えることを呼びかけ、「カイバー、カイバー(注:カイバーの戦い)、ユダヤ人、ムハンマッドの軍は再来する」と叫んでいた。 警察によると、暴動は金曜日の昼の祈祷終了後に神殿の丘内で始まり、神殿の丘のチェーン門に向かって数百人が行進を開始した。

イスラエルがガザの漁獲領域を再開、検問所は部分的再開

ガザの漁獲領域が今日(火曜日)、軍事作戦終了後初めて再開された。ケレム・シャローム検問所も再開され、燃料、医療物資や食料などを含んだ人道的物資が入れられる。現在のところ、ガザからの商品輸出は可能となっていない。これらは政治上層部とベニー国防大臣によって承認され、ガザの復興に関しても話し合うブリンケン米国務長官の来訪が視野に入れられているようだ。 また今日から救命患者の搬送、国際組織従事者と海外記者