イスラエルの鳥が飛行移動する最長距離

 渡り鳥の時期にイスラエルで休憩し、温かい国々に行く有名な鳥、ペリカンやコウノトリは比較的に短距離を移動する。それに反してイスラエルの鳥は膨大な距離を飛び、過去数年間で最長距離を記録した。ハヌカ祭を記念して自然保護協会イスラエル野鳥センターが、最長距離を飛ぶイスラエルの鳥を紹介してくれた。

●バーン・スワロー(ツバメ)

 小さい鳴き鳥の飛行能力は突出している。飛びながら虫を捕獲し、殆どの時間を空中で費やしている。ツバメは殆どが人間の作った建物に泥で巣作りし、主にヨーロッパなどの北部に繁殖地域がある。ツバメは長距離を移動する渡り鳥だ。

 「ヨーロッパで巣作りしたツバメは、渡り鳥の時期にヨーロッパからアフリカの南部まで約1万Kmを移動する。イスラエルは、夜の休憩場所、餌と脂肪の備え場所や就寝場所として自然の生息地域として利用される渡り鳥のツバメにとって重要な場所である」とエルサレムニリー&ダビデ野鳥研究ステーションと自然保護協会野鳥センターのイスラエル自然センター局長のヨセフ氏は語った。

コノドジロムシクイ

 灌木や林の中に隠れることを好む鳴き鳥。ヨーロッパとアジアに巣作りし、西はイギリスから東はシベリアまで生息している。コノドジロムシクイは長距離を移動し、アフリカ大陸で越冬する。コノドジロムシクイの飛行コースは特殊で円形になっている。イギリスで巣作りし、秋にヨーロッパ中央部を通ってアフリカ東部や中央部へ向かうが、春にはイスラエルを架け橋として利用しながら西ヨーロッパを通ってイギリスに戻って来る。

 「渡り鳥の時期には、コノドジロムシクイはイスラエルに最も滞在する鳥の一つである。イスラエルの低木地帯や自然の森林地帯は、コノドジロムシクイが休憩所、又は移動に必要な脂肪を蓄える場所として利用しており、それらの場所を保存することはこの鳥が存在するために不可欠だ」とヨセフ氏は語った。

●アジサシ

 北半球に生息している水鳥で、ヨーロッパ、アジアや北米に生息している。アジサシは湿地帯に巣作りし、主に湖や川辺となっている。巣作りの時期以外は、主に海岸線に沿って生息している水鳥である。

 イスラエル上空には、春と秋の2季節にアジサシは飛行士、ヨーロッパとアフリカ大陸南部を移動する。アジサシは海岸線と湿地帯、養殖所や塩田などを生息地として利用し、主に地中海海岸線に生息している。「アジサシは魚を餌とし、長距離を飛行できるように脂肪を蓄える。過去数十年間で湿地帯や海岸線の生息地は被害を受けて激減している。湿地帯生息地の減少は、アジサシが移動に必要な脂肪の蓄えをする可能性に直接打撃を与えている」とヨセフ氏は高った。

 自然保護協会野鳥センター局長のダン氏は、「イスラエルはとても面積は小さい国だが、野鳥にとってはとても重要な場所となっている。冬の季節と、自然と人工的な生息地の多様性との組み合わせが、約100種類の渡り鳥(イスラエルより北に生息し、秋には南下してアフリカではなくイスラエルで越冬する鳥にとってイスラエルが重要な目的地となっている。鳴き鳥、水鳥、猛禽類などがそうだ。イスラエルで観察できる野鳥は約540種類で、イスラエルの上空を通過する鳥や越冬する鳥は物凄い数となっており、野鳥観察にとってこの国がとても特殊な場所となっている理由である」。

最新記事

すべて表示

キリヤット・シュモナからエイラットまで:都市自然

まだ自然保護地区に行くことが出来ず、でも自然で少し息抜きをしたい人達にとっては、自宅付近の都市部自然を訪問する絶好の機会だ。環境省の支援の下、自然公園局の環境学者が実施した、約50か所の都市自然の枠内で、町の中心部には特別で小さな自然地域が沢山隠れていることが判明した。 これらの調査結果は市長、設計士、地方行政区運営課に提出され、自然を考慮しながらの都市開発計画の継続を可能とさせる。また環境省の支

家族連れで不法侵入、焚火、車両侵入:希少な要塞遺跡での違法と破壊行為

3度目の封鎖が開始して以来、一般公開に向けて保存と開発が進んでいるツェデク要塞国立公園での破壊行為などが多数確認されている。フェンスや遺跡入口の破壊、古代遺跡の床で直に焚火やバーベキューをした跡、不法侵入した車両やバギーカー、また散歩道を車が走行していたのも確認されている。 それ以外に小さい子供を連れた家族が、公式に一般公開され李以前に現場を探索しようと、まだ現場での工事が終了していないにも関わら

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.