イスラエルの研究:1回分のワクチン接種が感染回復者に免疫反応を誘発

 感染回復者にもワクチンは効果的なのか?バルイラン大学研究者のミハエル教授は、感染回復者に強い免疫反応を誘発する為には、ファイザー社のワクチン1回分で十分だという事を実証した。

 感染回復者に対するワクチンの1回分の効果性を調査したこの研究は、ツファット市のジブ病院で実施され、Eurosurveilance誌に掲載された。研究の対象者は、ジブ医療センターの従業員である。

 この研究は、19~77歳の医療関係者514人のグループを対象に実施された。ユダヤ人、ドルーズ人とアラブ人の混合グループであり、1回分のワクチン接種後の抗体レベルを21日間計測した。

 対象グループの内の17人は、接種の1か月から10か月前にコロナ感染者と判明していた。全てのグループの抗体レベルは、ワクチン接種前と接種後に計測され、以前感染していたその17人には、このワクチンに対する素晴らしい反応が見られ、過去に感染していた人達に一貫して明確な状態で免疫システムを誘発していることが判明した。

 この研究では、抗体数とは関係ない免疫システムの誘発のみを検査し、様々なプロフィールのグループで調査された免疫反応は全て同様であった。

最新記事

すべて表示

現在感染の波のピークだが、感染速度は減少

安息日の朝に発表した、梅津マン研究所コロナ予測モデル構成者のエレン教授のデータによると、昨日(金曜日)は、現在感染の波の新規陽性者数のピークを記録した。データによると、昨日は1,416人の新規陽性者数であった。 しかしエレン教授は、昨日新規陽性者の最多数が記録されたが、検査数も最高数(9万8千件)を記録しており、全体的には感染の減少を示していると強調している。教授によると、実効再生産数は1.3に減

ワクチン効果率が感染では39%、重症化では91%へと減少

ワクチンの効果率がまた減少した。ワクチン効果率が感染では39%に激減し、軽症化には40%となっている。入院と重症化阻止への効果率は高いままで、入院は88%、重症化は91%となっていることが、保健省のデータにより明らかになった。 このデータは過去1か月間のものであり、6月20日以降となっている。イスラエルでは、ワクチン接種作戦開始から約半年が過ぎ、デルタ株に対するファイザー社製ワクチンの効果率に減少

昨日は1,336人の新規陽性者、120人が海外から帰国

昨日は1,336人が新規陽性者として判明し、保健省の発表によると、77,512件のPCR検査に対し、陽性率は1.74%となっている。全国の病院には72人が重症者として入院し、一昨日より4人増加、その内15人が呼吸器付となっている。 現在感染者数は9,673人、この24時間で判明した新規陽性者の中の120人は、ここ10日間で海外から帰国した者達であった。死者は6,455人となっている。 現在までに5