イスラエルの研究:コロナワクチンは、治療中の癌患者にも効果

 癌患者には朗報である。初めてのイスラエルの研究によると、コロナワクチンは、治療中である癌患者をコロナウイルスから守ってくれることが明らかになった。この研究は、世界の医療界でも興味を示し、JAMA Oncology誌に掲載された。

 この研究は、ベーリンソン病院癌研究ユニット責任者のスローモン教授と、ダビドフセンターのアミール学者、ベーリンソン病院内科責任者のノア学者と共に行われた。この研究の対象には、102人の様々な癌患者(乳癌、肺癌、大腸癌、脳腫瘍)、平均年齢は66歳、病気の進行中で抗がん剤治療と分子標的薬を受けている人達であった。もう一つの地対象グループは、78人の患者の家族で構成されていた。

 この二つのグループは、ファイザー社製のワクチンを2回接種し、1か月後に血液検査で体内の抗体レベルが測定された。対象グループでは、家族の全員が高いレベルの抗体を製造していた。癌患者グループでは、外部保護に十分な高いレベルの抗体が発見されたが、健康な人よりかはレベルは低かった。

 「癌患者の90%に、十分なレベルの抗体の外部保護を発見した」とスローモン教授は語った。「対象グループよりかは少ないが、保護付与には十分であり、それにおり患者達は安心できる。これは安堵できる世界中の数百万人の患者に対する朗報である」。

 現在世界では、ファイザー社の子供ワクチン接種開始を準備している。アメリカでは現在までに12歳以上の子供や少年が60万人以上接種を受けた。カナダやEUでも子供への接種を許可したが、イスラエルの保健省では決定を遅らせている。しかし保健省の上層部によると、専門家協会の想定と推薦によると、保健省はワクチン接種を承認すると予想されている。

 イスラエルでは既に、リスクグループに属する12歳以上の子供達の50万人以上が、保健省の特殊許可で接種を受けた。接種を受けた子供達の状況は良く、特殊な副反応も無い。

最新記事

すべて表示

重症者167人、4月半ば以来の最高数

重症者数が2日間安定していた後に、再度懸念する上昇が発生した。保健省のデータによると、全国の入院している重症者数は167人となり、昨日は151人であった。その内の26人は呼吸器付で、4月20日以来の最高記録となっている。 また昨日の新規陽性者数は2,140人で、4日間連続で2千人以上を記録している。約9万4千件のPCR検査に対し、陽性率は2.37%となった。また新規陽性者の約10%に当たる198人

昨日は2,165人の新規陽性者、諜報部警告:何もしなければ重症者は増加する

昨日(水曜日)の新規陽性者数は2,165人であり、約9万6千件のPCR検査に対し、陽性率は2.35%であった。 諜報部報告書では、「重症者数は、明確に国内の感染を表しており、検査数には依存していない。実効再生産数も未だ高く、7~10日間毎に新規陽性者数と患者数を倍増させている。何も対策無く、市民の幅広い接種が無ければ、新規陽性者数と重症者数は増大し、数週間後に病院や治療所に負荷となることが予想され

来週から3回目の接種準備:昨日は2,260人の新規陽性者

保健省では、来週から高年齢者への3回目の接種投与準備を開始している。同時に1日の新規陽性者数も増加し、昨日(火曜日)は2,260人であった。 今日持たれる保健省の感染対策チームの会議で、3回目の接種に関する決定が下される。医療システムでは、3回の接種推奨が決定されるのは確かであるが、感染対策チームの決定から、保健省では既に来週からワクチン接種を高齢者に呼び掛ける予定である。 保健省では、ファイザー