イスラエルの研究:コロナは不妊治療に影響を与える恐れ

 コロナに感染していて不妊治療が必要?3か月待つことが勧められている。シバ病院で実施された研究によると、不妊治療を受けるカップルの一人がコロナ感染した後に得られる胚の質は大幅に低下することが明らかになった。

 今日体外受精(IVF)の成功率に与えるコロナウイルスの影響に関する医療的・研究的文献情報は存在していない。シバの研究は対外受精ユニット責任者のラウール医師を筆頭とし、女性と男性の生殖能力と不妊治療の結果に関する感染の影響を調べた、世界で最初の研究である。

 この研究では、不妊治療中の22組が対象とされ、そのカップルのうちの一人がコロナ感染していた。感染から回復後、8日から92日までの間に、体外受精治療には9組が戻ってきた。9組のうちの7組は、女性がコロナに感染して回復したケースで、残り2組は男性のケースであった。研究結果によると、ウイルスへ曝露した女性の卵子予備、つまり体内にある卵巣には影響を与えておらず、感染した2人の男性の精子の質への影響もわずかであった。しかし驚くべき発見は、9組の体外受精治療で得られた胚の質が大幅に低下したことであった。

 研究者達は、感染の前後で非常に良い質であると定義された胚の割合を調べ、感染前に胚の60~70%が高い質であると定義されていたのに反し、その3か月後には胚の30%のみが高い質と定義され、これは正常な妊娠を得る確率を完全に排除する訳ではないが、受精プロセス全体の結果を損なう恐れがあるということが分かった。

 ラウール医師は、卵子と精子の製造過程は約3か月継続するものであり、コロナ感染などによって発症する炎症プロセスが悪い影響を与えているかも知れないと説明している。「相棒がコロナ感染したカップルの体外受精で得た胚の高い質の率は、より低く、着床して妊娠する可能性が低いこととなる。高い質の胚は、低い質の胚より子宮に着床する可能性が高い」と付け加えている。

 この研究から得た結果は、「ウイルスが製造する炎症に曝露していない卵子や精子を製造可能とする為に、コロナ感染の回復から最低でも3カ月間は不妊治療の開始を延期すること」とラウール医師は結論付けている。

最新記事

すべて表示

PCR検査会場閉鎖準備:検査費用140シケル請求

アロン本部司令官リリー准将は、これに反対している。「ラベルを変更するのは重要だあるが、検査の可用性を変更することではない。ドライブイン検査場の閉鎖は大した節約にもならず、実際には作戦的柔軟性に被害を与えると予想される。ドライブイン検査場は、1日で約6千件のPCR検査に対応している。更に週末では保険会社も休んでいる為に、必要で唯一の解決策ともなっている」と語った。 平行して保健省では、不必要と定義さ

感染終息?4人のみがエクモに接続

感染の束縛から段々と解放され続けている。閣議は昨日、追加緩和を承認した。医療前線では、病院は段々とエクモを必要としておらず、昨日はたったの4人しか接続されていない。 明日から有効となる緩和内容は、室内の人数制限は50人、屋外は500人まで。ジムとスポーツ施設、プールとアトラクションがパープル規制による運営承認、グリーン規制の枠内で活動していた場所の制限解除などである。閣議はまた、グリーン規制を必要

保健省の躊躇:12~15歳を接種するべきか

保健省では子供へのワクチン接種に関する話し合いを凍結し、12~15歳の子供達へのワクチン接種についてどのように、また根本的な推奨がまとめられるかどうかを検討している。この過去数カ月間に保健省上層部が、根本的に子供の接種を支援する立場を表明したが、ここ数週間の医療システム関係者達の主張によると、子供達への接種を可能にする傾向はあるが、現段階で接種への推奨がなされるかは不明確であるとのこと。 保健省の