イスラエルの感染死亡率

 保健省のデータによると、コロナに感染した男性の内116人に1人が死亡している。女性では157人に1人というデータであった。現時点でイスラエルでの死者は5,340人に達しており、全体の死亡率は0.73%つまり137人に1人という数値になっている。

●感染死亡率(男女):

年齢 感染者数 死者数 感染者数に対する死亡率

0-9 95,449人 4人 0.0041%

10-19 151,880人 5人 0.0033%

20-29 134,151人 18人 0.0132%

30-39 99,511人 30人 0.0301%

40-49 86,695人 74人 0.085%

50-59 64,707人 264人 0.407%

60-69 42,600人 728人 1.7%

70-79 21,385人 1,328人 6.2%

80-89 11,263人 1,795人 15.9%

90+ 3,940人 1,090人 27.6%

 保健省のデータの解析によると、19歳以下の死亡率はとても低い。20歳以下は9人のみが死亡している。また20代では18人、30代では30人が死亡しており3,317人に1人という数値となる。年齢が上がるにつれて死亡者数も上昇しており、その為にワクチン接種作戦も60代以上を対象に開始された。70代は16人に1人が死亡、80代では6人に1人が死亡、90歳以上が最悪で3人に1人が死亡している数値である。

 イスラエル全国での死亡率は0.73%で、世界では2.3%となっている。世界で最も死亡率が高いのはメキシコ8.72%、エジプト5.74%、中国5.17%、イラン3.9%、イギリス2.9%、スペイン2.12%、スウェーデン2.04%、アメリカ1.75%、オランダ1.44%となっている。イスラエルより死亡率が低い国はキプロス0.68%、アイスランド0.48%、バーレーン0.35%やシンガポール0.05%などである。

 しかし100万人に対する死者数では、イスラエルは世界平均より上だ。世界では100万に対して307.7人の死者数だが、イスラエルでは577人となっている。ベルギー1,859人、イギリス1,717人、チェコ1,684人、イタリア1,545人、アメリカ1,484人とスペイン1,384人。イスラエルより低いのはデンマーク393人、PLO371人、トルコ322人、サウジ183人、キプロス181人、UAE100人や中国3人となっている。

最新記事

すべて表示

現在感染の波のピークだが、感染速度は減少

安息日の朝に発表した、梅津マン研究所コロナ予測モデル構成者のエレン教授のデータによると、昨日(金曜日)は、現在感染の波の新規陽性者数のピークを記録した。データによると、昨日は1,416人の新規陽性者数であった。 しかしエレン教授は、昨日新規陽性者の最多数が記録されたが、検査数も最高数(9万8千件)を記録しており、全体的には感染の減少を示していると強調している。教授によると、実効再生産数は1.3に減

ワクチン効果率が感染では39%、重症化では91%へと減少

ワクチンの効果率がまた減少した。ワクチン効果率が感染では39%に激減し、軽症化には40%となっている。入院と重症化阻止への効果率は高いままで、入院は88%、重症化は91%となっていることが、保健省のデータにより明らかになった。 このデータは過去1か月間のものであり、6月20日以降となっている。イスラエルでは、ワクチン接種作戦開始から約半年が過ぎ、デルタ株に対するファイザー社製ワクチンの効果率に減少

昨日は1,336人の新規陽性者、120人が海外から帰国

昨日は1,336人が新規陽性者として判明し、保健省の発表によると、77,512件のPCR検査に対し、陽性率は1.74%となっている。全国の病院には72人が重症者として入院し、一昨日より4人増加、その内15人が呼吸器付となっている。 現在感染者数は9,673人、この24時間で判明した新規陽性者の中の120人は、ここ10日間で海外から帰国した者達であった。死者は6,455人となっている。 現在までに5