イスラエルとコソボがズームで外交関係を樹立

 イスラエルとコソボが今日、イスラエルのガビ外務大臣と、コソボのメリッツァ外務大臣の出席するビジュアル式典で外交関係を樹立する。2国がビジュアルで外交関係を樹立するのは今回が初めてだ。コソボのメリッツァ外務大臣がイスラエルを訪問する予定であったが、イスラエルの封鎖と空港の封鎖によって遠隔操作で式典を行うことが決定された。ズームにより外交関係の樹立と契約書のサインは法的な挑戦でもあるが、法務省から既に許可は出ている。

 イスラエルとコソボの外交樹立は、ロシアの同盟国であるセルビアの怒りを買わないよう、コソボの独立を今まで承認していなかったが、コソボとセルビア間の敵対関係に解決をもたらしたトランプ政権の政策の一部として得られることとなった。9月にトランプが宣言した契約の枠内で、コソボとセルビアは両国間の経済関係を樹立することに同意した。アメリカの圧力によりセルビアは、自国の大使館をエルサレムからテルアビブへ移転することに同意し、イスラエルはコソボを承認することとなった。

 コソボもエルサレムで大使館を設置することを約束し、場所も既に確定している。コソボの一時的な責任者が到着する数か月後に大使館が開く予定である。コソボはアメリカとグアテマラに続き、エルサレムに大使館を持つ世界で3番目の国となる。またコソボはエルサレムで大使館を開くイスラム諸国で最初の国でもある。

 イスラエルがコソボを承認するまでには、コソボ自身がイスラエルの承認を説得する多大な努力を費やした後で、エルサレムに使節団を送り、イスラエルでのビジネス・オフィスを建設する可能性も検討していた。コソボ前大統領のハッシーム氏は、もしイスラエルがコソボを承認すれば、エルサレムに大使館を開くと2年前に宣言していた。先週週末に式典に関する告知があった時に、コソボの外務大臣は外交樹立に関して「歴史的な瞬間である」と述べ、「イスラエルが我が国を承認することは、コソボにとって最大の成果の一つであり、我々にとっても重要なタイミングで得られた、永遠のパートナーである同盟国のアメリカのお陰である」とも述べた。

 外務省ではベルグラードのイスラエル大使館を通じて、以前から2か国間で関係が持たれていたと伝えている。イスラエルの外務省ではまた、コソボのイスラエル大使はエルサレムに在住する移動大使を任命するとのこと。コソボがイスラエルに大使館を設立するが、現時点ではイスラエルがコソボの首都プリシュティナに設立する計画は無い。

最新記事

すべて表示

エルサレムで衝突の夜:数千人のパレスチナ人が暴動、数十人の警察官が神殿の丘に突入

ラマダンの断食終了後に、神殿の丘とシェイフ・ジャラフ居住地で暴動が発生した。数十人の特殊パトロール部隊警察官達がエルアクサ寺院の広場に突入し、ショックグレネードで数千人のパレスチナ人達を解散させた。パレスチナ側の主張では、警察官が神殿の丘に突入した後に暴動が開始し、警察側では現場で暴動が起きたために突入したと主張しているが、祈祷場所へ部隊を突入させた理由は述べていないとしている。 激しい衝突は幾つ

パレスチナ人に寄付された数百万ユーロが「人民戦線」テロ活動に使用

イスラエル治安部隊は、人道目的の為にヨーロッパの国々や組織からパレスチナ人へ寄付された数百万ユーロが、「人民戦線」組織のテロ活動に送金されたメカニズムを暴露した。今日(木曜日)の午後に発表が許可された。西岸地区のパレスチナ人4人が、詐欺の容疑者として逮捕された。 国内諜報部、イスラエル防衛軍と警察の捜査によると、ヨーロッパの政府支援機関とNPO組織が与えた寄付金が、西岸地区のパレスチナ人団体や組織

百万人に近づく:2020年度エルサレム人口95万2千人

このデータによると、過去10年間でユダヤ人女性の出産率が上昇し、エルサレムでもイスラエル全国でも同様で、それに反してアラブ人女性の出産率は急激に減少している。ユダヤ人女性の平均出産率は2.9人から3.0人に上昇し、アラブ人女性の平均出産率はエルサレムで3.9人から3.2人へ減少、イスラエルでは3.5人から3.0人へ減少を記録した。 このデータによると、2019年にエルサレムへ移住した新規市民は1万