イスラエルで7件のインド変異種が初確認

 保健省では、海外から帰国した未接種のイスラエル人の間で、インド変異種が7件初確認されたと発表した。保健省は、接種者と回復者に対するこの変異種の影響に関して、明確な情報はまだ何もないと伝えている。

 今回のケースは、遺伝子検査の国立研究所によって確認された。保健省では、特に感染状況が厳しい国々の海外からイスラエルへ帰国する者の隔離の重要性を強調している。

 シバ病院感染病ユニット責任者のガリヤ教授は、「変異種は無数にある。この変異種にはどれほど感染力があるのか、強いのか、又はワクチンに効果が無いのかなど、何一つ知られていない。また新しい変異種であり、もしかすると特に何も無いかも知れず、個人的に懸念しているのはブラジル変異種である。インド変異種は良く知られていながい、これがインドで感染が拡大している理由でもない。マスクが着用が必要ないと皆が考えている方が気になる」と語った。

 アメリカのTWC放送局では、インド変異種はダブル変異種と考えられており、公式に「B.1.617」と名称され、初めて3月に確認され、最低でも8か国に拡大している。確認されたケースの約70%はインドで、23%がイギリス、2%がシンガポール、1%がオーストラリアとなっている。アメリカでの感染も確認された。

 Spikeと呼ばれるウイルス外部のタンパク質が異なる2か所で変異発生した、コロナの初めての突然変異種である。イスラエルの変異種リストに関する最近の発表は3月16日であったが、インド変異種は含まれていなかった。保健省の予想によると、感染者の約90%はイギリス変異種で、約1%が南アフリカ変異種であるとのこと。また他の変異種感染ケースの数はとても少ない。

最新記事

すべて表示

現在感染の波のピークだが、感染速度は減少

安息日の朝に発表した、梅津マン研究所コロナ予測モデル構成者のエレン教授のデータによると、昨日(金曜日)は、現在感染の波の新規陽性者数のピークを記録した。データによると、昨日は1,416人の新規陽性者数であった。 しかしエレン教授は、昨日新規陽性者の最多数が記録されたが、検査数も最高数(9万8千件)を記録しており、全体的には感染の減少を示していると強調している。教授によると、実効再生産数は1.3に減

ワクチン効果率が感染では39%、重症化では91%へと減少

ワクチンの効果率がまた減少した。ワクチン効果率が感染では39%に激減し、軽症化には40%となっている。入院と重症化阻止への効果率は高いままで、入院は88%、重症化は91%となっていることが、保健省のデータにより明らかになった。 このデータは過去1か月間のものであり、6月20日以降となっている。イスラエルでは、ワクチン接種作戦開始から約半年が過ぎ、デルタ株に対するファイザー社製ワクチンの効果率に減少

昨日は1,336人の新規陽性者、120人が海外から帰国

昨日は1,336人が新規陽性者として判明し、保健省の発表によると、77,512件のPCR検査に対し、陽性率は1.74%となっている。全国の病院には72人が重症者として入院し、一昨日より4人増加、その内15人が呼吸器付となっている。 現在感染者数は9,673人、この24時間で判明した新規陽性者の中の120人は、ここ10日間で海外から帰国した者達であった。死者は6,455人となっている。 現在までに5