イスラエルで接種した妊婦の数

 妊婦の感染重症化による保健省の呼びかけにより、多くの妊婦が接種を希望している。現在までイスラエルでは約2万人の妊婦が接種済みである。メウヘデット保険会社では妊婦全体の37%が接種済み、クラリット保険会社では33%、マッカビーでは32%となっている。現在でも既に数千人の妊婦が接種の予約済みだ。クラリットでは接種済みと予約済み含めて14,700人、マッカビーでは5,869人の接種済みと1,241人の予約済み、メウヘデットでは5,740人が接種済み、レウミットでは1,000人が接種済みである。

 世界と比べると世界で最多の妊婦接種数である。アメリカでは約4千5百万人の接種者のうち、妊婦はたったの1万人となっている。

 今回妊婦が接種会場に押し寄せたのは、保健省がイスラエル産婦人科学会及びイスラエル母体胎児医学会と協力し約1か月前に発表した文書内で、妊婦に対して接種を受けるように呼び掛け、ファイザー社とモデルナ社の接種による世界とイスラエルで累積した全ての情報により、母体と胎児には安全であると決定したことによる。この文書は約10人の妊婦が重症で入院した結果発表された。いまだに一部は瀕死の状態で呼吸器をつけられている。ファイザー社とモデルナ社は、自社の研究には正式には妊婦を含んでいなかったが、一部の対象者は実験中に本人も知らずに妊娠しており、何も問題は発覚しなかった。

 この文書内ではまた、イスラエルでワクチン接種作戦が開始して以来、流産数の増加は無く、妊娠中に発見された胎児の異常性の数にも影響が出ていない。またワクチンが女性の不妊を起こすような仮説の根拠も見つかっていない。またこのテーマに関して実施された研究によると、感染した妊婦で健康的なリスクや持病がある場合の女性が、妊娠していない女性と比較すると特にリスクが高いと文書に書かれている。集中治療や呼吸器を必要とする合併症へのリスクだけではなく血液凝固障害もある。他の調査結果では、早産のリスク又は新生児の入院の必要性があったことも示している。この理由により、不妊治療の開始以前と妊娠以前のワクチン接種が推薦されている。

 母乳育児中の女性に関しても言及があった。彼女たちも実験対象ではなかったが、専門家達は、母乳育児中の女性への接種で乳児へのリスクは発見されておらず、これも他の感染病に対するワクチン接種の経験を基本としており、ワクチンの活動メカニズムでは実際にはウイルス粒子が含まれておらず、ワクチンが筋肉から乳児へ移行するという可能性もほぼ無いという事実に基づいている。

 アメリカ疾病対策センターとWHOなどの海外の団体も妊婦へ接種するよう呼びかけている。アメリカのコロナ総責任者のアントニー医師は、アメリカで今週は約2万人の妊婦が接種を済ませたと報告している。

 「私は妊婦全員に接種するよう推薦している」とメイール病院産婦人科専門家で母体胎児医療ユニット責任者であるタル教授は語った。「私のケアしている妊婦の殆どが接種を受け、何一つ問題は起きていない。接種後に合併症が起きた報告も無い。世界中で接種を受けた数万人の情報が累積されているが、母体と胎児にダメージがあったという報告は一つもない。妊婦に対して早急に接種する推薦はとても安全なものであると感じている」と伝えている。

最新記事

すべて表示

PCR検査会場閉鎖準備:検査費用140シケル請求

アロン本部司令官リリー准将は、これに反対している。「ラベルを変更するのは重要だあるが、検査の可用性を変更することではない。ドライブイン検査場の閉鎖は大した節約にもならず、実際には作戦的柔軟性に被害を与えると予想される。ドライブイン検査場は、1日で約6千件のPCR検査に対応している。更に週末では保険会社も休んでいる為に、必要で唯一の解決策ともなっている」と語った。 平行して保健省では、不必要と定義さ

感染終息?4人のみがエクモに接続

感染の束縛から段々と解放され続けている。閣議は昨日、追加緩和を承認した。医療前線では、病院は段々とエクモを必要としておらず、昨日はたったの4人しか接続されていない。 明日から有効となる緩和内容は、室内の人数制限は50人、屋外は500人まで。ジムとスポーツ施設、プールとアトラクションがパープル規制による運営承認、グリーン規制の枠内で活動していた場所の制限解除などである。閣議はまた、グリーン規制を必要

保健省の躊躇:12~15歳を接種するべきか

保健省では子供へのワクチン接種に関する話し合いを凍結し、12~15歳の子供達へのワクチン接種についてどのように、また根本的な推奨がまとめられるかどうかを検討している。この過去数カ月間に保健省上層部が、根本的に子供の接種を支援する立場を表明したが、ここ数週間の医療システム関係者達の主張によると、子供達への接種を可能にする傾向はあるが、現段階で接種への推奨がなされるかは不明確であるとのこと。 保健省の