イスラエルでアーモンドが開花

 木樹の新年祭は来年1月28日であるにも関わらず、イスラエル全国で既にアーモンドが開花していると情報が入っている。自然保護協会の都市部自然分野局長のアミール氏によると、「地中海性植物の特色は、変化する気候条件に強く、地中海地帯で野生植物や農業作物の一部が生息することを可能にする一つのメカニズムとして、早い時期か遅い時期の開花サイクルがある。アーモンドの木の早期開花はその一例で、現在ま降った雨や、冬の寒い日と乾燥した暑い時期との変わり目にアーモンドの木が反応した証拠である。温かい気温は開花メカニズムを混乱させ、デイジーでさえも沢山開花している」と説明した。

 自然保護協会はまた、アーモンドの開花はイスラエルの冬の季節の虫や、花が与える蜜を飲む亜熱帯の鳥ハチドリにとって重要な食料源であり、通常ではアーモンドの開花は1月から2月の間に起きるとも付け加えた。

最新記事

すべて表示

砂漠旅行:10日間で10か所

イスラエルの冬は、砂漠旅行に最も適した季節であり、ソフトで美しい色合い、開花した植物、涼しい風と暖かい太陽や歩き易いトレイルを提供してくれる。10日間場所から場所へ移動し、イスラエル南部を旅行して最も美しい場所を10か所探してきた。封鎖が解除された後の旅行計画にお勧めする。 ●ラモン・カラー自然保護地区:砂漠の彩色 砂漠を想像すると、単色の荒れた土地というものしか思い浮かばないと思う。ラモン・カラ

キリヤット・シュモナからエイラットまで:都市自然

まだ自然保護地区に行くことが出来ず、でも自然で少し息抜きをしたい人達にとっては、自宅付近の都市部自然を訪問する絶好の機会だ。環境省の支援の下、自然公園局の環境学者が実施した、約50か所の都市自然の枠内で、町の中心部には特別で小さな自然地域が沢山隠れていることが判明した。 これらの調査結果は市長、設計士、地方行政区運営課に提出され、自然を考慮しながらの都市開発計画の継続を可能とさせる。また環境省の支

家族連れで不法侵入、焚火、車両侵入:希少な要塞遺跡での違法と破壊行為

3度目の封鎖が開始して以来、一般公開に向けて保存と開発が進んでいるツェデク要塞国立公園での破壊行為などが多数確認されている。フェンスや遺跡入口の破壊、古代遺跡の床で直に焚火やバーベキューをした跡、不法侵入した車両やバギーカー、また散歩道を車が走行していたのも確認されている。 それ以外に小さい子供を連れた家族が、公式に一般公開され李以前に現場を探索しようと、まだ現場での工事が終了していないにも関わら

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.