イスラエルが国内のパレスチナ・アラブ人労働者10万人を接種

 パレスチナ保健省の発表によると、イスラエルが国内のパレスチナ・アラブ人出稼ぎ労働者10万人を接種するとのこと。イスラエルとパレスチナ保健省上層部間との専門家の会談後に、ラマッラではその結果が発表された。

 パレスチナ保健省は会談に参加していたヘジー教授、シャロン医師とナフマン教授に、パレスチナワクチン接種証明書の認知を依頼し、コロナの変異種拡大を防止するための専門レベルの協力に同意した。

 イスラエルで出稼ぎに出ているパレスチナアラブ人接種問題は、パレスチナ当局の圧力によって長い間議題として置かれており、パレスチナ当局管轄地(ユダ・サマリヤも含む)毎日イスラエルへ出稼ぎに来るパレスチナ人労働者を接種しないことは、疫学的な理論性が無いと主張していた。その為にこの1週間で占領地区政府活動調整の元で、保健省やその他の国家安全団体などが参加するイスラエルで関連団体が集い、イスラエルのパレスチナ人労働者の接種を可能とする活動計画の検討を行った。本部の活動準備がなされ、現在政府からの承認待ちとなっている。イスラエルの関係筋によると、この問題にイスラエルが支援する利点があり、現在検討中であるとのこと。

 イスラエルには十分なファイザー社のワクチン在庫があるが、近日中にモデルナ社のワクチンが大量に到着する予定である。現在までモデルナ社のワクチンは約10万回分受け取っているが、未使用のまま残されている。イスラエルではこれらのワクチンで正規にイスラエルで労働しているパレスチナ人に接種しようと計画している。しかし現在モデルナ社のワクチンで12~16歳の子供達を接種することも検討されており、モデルナ社の実験結果に沿って決定される予定だ。

 イスラエル保健省では、「イスラエル人とパレスチナ人は同じ場所に住んでおり、パレスチナ当局での感染拡大はイスラエル市民の感染にも影響を与えることから、保健省上層部がパレスチナのワクチン接種本部を訪ね、パレスチナ当局での感染状況、患者の状態、実施されている疫学的調査や進行中の研究などに関して確認した。またラマッラ市の病院とコロナ感染病棟も視察している」と伝えた。

 最近世界がワクチンを切望している時に、イスラエルが「モデルナ社のワクチンの上にあぐらをかいて座っている」という批判があった。ブルンバーグ・エージェンシーでは先週の土曜日に、イスラエルの接種率は世界で一番であり、供給は需要を上回っていると書かれている。イスラエルにはファイザー社のワクチンを数百万回分受け取り契約書があり、その代わりに接種者の情報を提供している。同記事内で保健省上層部でコロナ対策のエリー氏の引用によると、「イスラエル国内のモデルナ社のワクチン量はとても少なく、既にファイザー社のワクチンを数百万個取り扱っている中に、他斜のワクチンを入れる正当性がない」と書かれている。

最新記事

すべて表示

PCR検査会場閉鎖準備:検査費用140シケル請求

アロン本部司令官リリー准将は、これに反対している。「ラベルを変更するのは重要だあるが、検査の可用性を変更することではない。ドライブイン検査場の閉鎖は大した節約にもならず、実際には作戦的柔軟性に被害を与えると予想される。ドライブイン検査場は、1日で約6千件のPCR検査に対応している。更に週末では保険会社も休んでいる為に、必要で唯一の解決策ともなっている」と語った。 平行して保健省では、不必要と定義さ

感染終息?4人のみがエクモに接続

感染の束縛から段々と解放され続けている。閣議は昨日、追加緩和を承認した。医療前線では、病院は段々とエクモを必要としておらず、昨日はたったの4人しか接続されていない。 明日から有効となる緩和内容は、室内の人数制限は50人、屋外は500人まで。ジムとスポーツ施設、プールとアトラクションがパープル規制による運営承認、グリーン規制の枠内で活動していた場所の制限解除などである。閣議はまた、グリーン規制を必要

保健省の躊躇:12~15歳を接種するべきか

保健省では子供へのワクチン接種に関する話し合いを凍結し、12~15歳の子供達へのワクチン接種についてどのように、また根本的な推奨がまとめられるかどうかを検討している。この過去数カ月間に保健省上層部が、根本的に子供の接種を支援する立場を表明したが、ここ数週間の医療システム関係者達の主張によると、子供達への接種を可能にする傾向はあるが、現段階で接種への推奨がなされるかは不明確であるとのこと。 保健省の