アポロ神が描かれている2千年前のスタンプがエルサレムで発見

 ダビデの町へ団体と自然国立公園局の援助でツーリーム・バレー国立公園で実施されている考古学土砂ろ過活動中に、最近2千年前のスタンプが発見され、そこにはギリシャの太陽神アポロの肖像が彫られていた。研究者達によると驚くような珍しい発見物であり、第二神殿時代のエルサレムの発掘では、今日までこのタイプのスタンプはたったの二個しか発見されていないとのこと。このスタンプ(ディンプル)は、多分指輪に埋め込まれていた西暦1世紀頃のものであり、濃い茶色のジャスパー・ストーンでできていて黄色、茶色、白色の層が残っている。

 小さいディンプルの形状は楕円形で、長さが13㎝、厚みは3㎜である。このディンプルは契約や手紙、商品か銭束のサインとして利用され、左を向いているアポロ神の頭が彫りこまれている。柱に似た広い首の上に長い髪の毛、大きな鼻、太い唇と小さい突出した顎がある。

 自営考古学者エリー氏、ショア教授とマルカ考古学者達によると、ギリシャ・ローマ文化の神様であるにも関わらず、アポロの肖像が描かれた指輪を付けていた人はユダヤ人であった可能性が高いとしている。「ユダヤ人人口があった場所で、アポロ神の肖像を付けたディンプル・スタンプを見つけるのは珍しいことだ」とエリー氏は語った。今日までこのタイプのスタンプは、マサダとエルサレムの展望山ユダヤ人墓地の石棺の中で見つかった2個だけだとのこと。「このディンプルを発見した時に、エルサレムでアポロ神が何故あるのか、何故ユダヤ人はこの異教の神の指輪を付けていたのか疑問が湧いてきた。我々の考えでは、宗教的な信仰心を表す崇拝目的としてこの指輪を付けていたのでは無く、アポロ神が象徴するエレメントの効果、光、純粋、健康と成功を呼び寄せたい気持ちがあったのが答えだと思う」と語っている。

 ショア教授は、同時代には太陽神アポロは中東で好まれた神の一人であったとのこと。「アポロ神の司る領域の中で太陽と光とのつながりが、当時のユダヤ人の世界観で光対闇のエレメントは非常に顕著であったため、当時のユダヤ人の一部を魅了していたと可能性がある。職人が神の髪に黄金色と薄茶色の層を残したという事実は、恐らくアポロ神の姿を光で表し、頭を覆っていたオーラの光を強調したいという願望を示している。」

 濃い色の石と頭髪の明るい黄色を選んだのは、ディンプルの作成者が光と闇の二分された側面を強調させるためであった可能性がある」とショア教授は語った。

最新記事

すべて表示

テル・ラキシの発見:アルファベットの欠如部分

低地のテル・ラキシで、古代アルファベットの歴史で「欠如部分」が発見されたか?このように考古学者達は考えており、Antiquity誌に研究を発表した。2018年に発見され、今回公表された陶器の破片に書いている文書は、紀元前1,450年頃のものとされており、研究者達はアルファベットの進化のギャップを埋めるものと信じている。 研究者達は、今までに謎に包まれていた、アルファベットが進化した同じ時期である、

ヘロディオンとヘロデ大王の墓の謎

ヘロディオン国立公園を訪問すると、イスラエルの歴史に於ける4つの時代を体験することが出来る。イスラエルで偉大な建築家の一人であったヘロデ大王の宮殿と墓を訪れると、紀元前1世紀の時代へ引き込んでくれ、最後にマサダが陥落した西暦1世紀のローマに対するユダヤ人の第一次反乱時にシナゴーグとなったサロンに座り、我々を西暦2世紀に連れて行ってくれる、ローマに対するバルコフバの反乱(第二次反乱)の戦士達が作った

イスラエルには、地域で最多の210か所以上の水道トンネルの泉

大量で力強い安定した深刻な水源不足と、年間雨量の季節的と年間的変動を含んだ半乾燥地の地中海性気候などの様々な環境条件により、歴史を通じてイスラエルの山岳地帯に人間が定住しに来ることは困難となっていた。これらの条件により、変動的で不安定な供給がされる地層泉などの、山で唯一辿り着ける水源付近に人が住み着くようになった。「イスラエルの山岳地帯で人間が利用できる唯一の水源は、とても少量の帯水層を排水する地

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.