アブの月(7~8月)澄んだ小川と岩のプール

 西ガリラヤのクジーブ川の「天国のプール」や、ゴラン高原の特別なメシュシーム・プールでの水浴。クジーブ川に沿った日陰の場所か、メシュシーム・プールの近くで暑い夏を過ごし、冷たい水で水浴を楽しむ。これらがアブの月にお勧めの旅行だ。


●天国のプールと魅力的な景色、クジーブ川

 西ガリラヤのクジーブ川は、まだ水が汚染されていないイスラエルで数少ない川の一つである。周辺は自然保護地区となっており、印象深いモンフォール要塞のような考古学遺跡、素晴らしい景色の展望台、澄んだ泉や希少な草木がある。

 この自然保護地区には、イスラエルから消滅したペルシャ・ロバを自然に戻す、自然保護協会のプロジェクトによって多くの野生ロバが生息している。ここは年中自然の森で緑になっている場所だ。

 クジーブ川では難度が違うトレイルが幾つかあり、そのほとんどで水浴が楽しめる。アイン・ハルダリットの「ミニ・ジャングル」のトレイル、エイン・ジブの泡立つ滝からエイン・タミールの「天国のプール」までの美しいトレイル、又はミステリーな「壁の人」の彫刻の近くを通る神殿の洞窟トレイルのように水が無いものまである。


●ゴラン高原の美しいメシュシーム・プールで水浴

 メシュシーム川は、ゴラン高原にあるイェフディヤ・フォーレスト自然保護地区で最も最北端に位置する川である。ザビタン川やイェフディヤ川のように、メシュシーム川も素晴らしい玄武岩の渓谷があり、滝やプールが出来ている。この川の目玉は有名なメシュシーム・プールで、ザビタン川やイェフディヤ川のトレイルと比べると短くて容易であり、暑い夏にも適したコースとなっている。

 最も大きなプールは沢山の黒色玄武岩によって構成された崖に囲まれており、その下にあるプールの景色はとても特別で印象深い。この現象はマグマが流れた後に冷やされ、ゆっくりとしたプロセスで玄武岩に変わっていった。何の妨害もなしにマグマがゆっくりと固まっていく時に六角形になっていく。

 メシュシーム川のクラシックなトレイルは約2kmの長さで、タボール樫の木の間を曲がりくねっていく「プール・トレイル」で、メシュシーム・プールが目的地だ。崖を下ってプールまで徒歩約20分、同じ道を上って帰るまで約30分かかるトレイルである。

 プールに行く前に、川の上流にかかっている小さい橋を渡ってみることもお勧めする。そこから細い川を泡立つ水が流れているのが展望できる。健脚な人は「リバー・トレイル」を行くと、メシュシーム川の流れる川の中を歩いたり、梯子を使って川岸を上ったりしながらメシュシーム・プールまで約3kmのトレイルがある。プールで過ごした後に「プール・トレイル」を歩いて駐車場まで戻って行ける。

 ナビ・アプリのWaseに「メシュシーム川自然保護地区」と入力すると、888号線を通って八ド・ネス居住区の北にあるこの場所に案内してくれる。自然保護地区への入場料は大人22シケル、子供9シケル。

最新記事

すべて表示

カルメル・ビーチの発見:イスラエルで発見された、最も完全体の剣

アタリット在住のシュロミ氏は、安息日にタコを探す為にカルメル・ビーチでダイビングをしていた。しかし彼はタコではなく、約900年前に十字軍騎士が使用していた古代の剣を発見した。考古学局では、この時代の剣としては、イスラエルで最も完全な形で発見されたものであると語っている。 興奮気味のシュロミ氏は、過去数年カルメル・ビーチ付近で何度もダイビングをしていると語った。その途中でタコと出会い、何度も見たが死

今日から新規グリーンパスポートが有効:3か月ぶりに新規陽性者数が1千人以下

保健省のデータによると、昨日(土曜日)の新規陽性者数は734人で、7月以来1千人以下となった。検査数は約4万5千件で、陽性率は1.6%であった。 今日から新規グリーンパスポートのバーコード使用と監視が開始した。新規グリーンパスポートには、6か月以上前に2回目の接種を済ませた者への3回目の接種義務が含まれている。新規グリーンパスポートは、10月初旬から開始する予定であったが、技術的な問題によって今日

陽性率が3か月間で最低

第4波が収束し始めており、保健省が金曜日に発表したデータにもそれが示されている:データによると陽性率は1.4%であり、過去3カ月間で最低となった。昨日は1,325人の新規陽性者が判明し、9万件近いPCR検査が実施された。 重症者数は385人、その内164人が呼吸器付である。レッド居住地もゼロに近づいており、現在では5か所のみ、アブ・ロバイヤ部族、アイン・マヘル、レババ、キリヤット・ヤアリームとエル