アシュケロンに二発のロケット攻撃。イスラエル軍がガザを報復攻撃

 昨夜(22日)は二発のロケットがガザからイスラエル国内へ発射された。22時10分にアシュケロンやその地域で空襲警報が鳴り響いた。アイアンドームが一発を迎撃、もう一発は野原に着弾した。負傷者の報告は無い。

 ロケット発射への対応として、イスラエル軍がガザ地区内のハマス拠点を数か所攻撃した。軍スポークスマンによると、空軍の戦闘機などが武器製造工場や地下施設を攻撃したとのこと。「イスラエル軍は、イスラエル国内に対するテロ行為は許されない行為と見ており、イスラエル国民と国家安全への脅威に対しては必要なだけ対応する備えがある。テロ組織であるハマスは、ガザからイスラエルへの攻撃の全ての責任を有しており、イスラエル市民に対するテロ活動の影響を負うこととなる」と語っている。

 アシュケロン市民のヨッシー氏は、当日16歳になった三つ子の誕生日をお祝いしていたとのこと。「数人の友人達を招待し、庭でお祝いしていたら突然警報が鳴った。直ぐにシェルター室へ走って逃げたが、途中でマスクが紛失したので新しいマスクを配ってあげた。子供達はとても驚いて親に連絡し、お陰で何もなく終わったので可能な限り誕生日会を続けた。静かな日が来ることを願っている」と語っている。

 今回のロケット攻撃も、テロ用地下トンネルが発見されたことに対するハマスの報復であり、イスラミック・ジハッドも同組織の活動家マヘル・エルアハラスが西岸地区で逮捕され、ハンガーストライキの結果レホーボットのカプラン病院に入院しているのを釈放しなければ、イスラエルへロケット攻撃を行うと脅している。2週間前に同組織の幹部であるアフマッド・エルムダラルが、「マヘルが釈放されるか、パレスチナ闘争のロケットがイスラエルへ発射されてイスラエル人がコロナによってシェルターで死ぬかのどちらかだ」と脅している。

最新記事

すべて表示

パレスチナ総選挙:何故今なのか

アメリカ大統領選の時期、ラマッラの政治マップに熟知しているパレスチナ関係者と、トランプ政権が継続される場合、又は民主党が勝った場合のパレスチナ当局の動向に関して話し合ってみた。「もしバイデンが勝つならば、パレスチナ当局は総選挙に行くだろう」と彼は確信して言った。 彼の予想には驚かされた、というのもトランプ政権が勝ってパレスチナの孤立化が継続するならば、ハマスと手を組んでイスラエルとアメリカに対抗す

ベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が57歳で死去

エドモンド・デ・ロスチャイルド・グループ責任者のベンジャミン・デ・ロスチャイルド男爵が、昨日心臓発作でスイスの自宅で亡くなった。享年57歳。 ベンジャミン氏は1963年7月30日にエドモンド男爵とバロネス・ナディン・デ・ロスチャイルドの家庭に生まれ、1997年から父親が設立したグループの総責任者となり、同グループのビジネスと慈善事業の開発・拡大を担ってきた。ここ数年はグループの未来ビジョンの策定に

過去からの教訓:イスラエル国会議事堂が襲撃された契約書

市民の反対がピーク時の1952年にドイツの賠償金支払い契約書に調印がなされ、ナチス政権崩壊から7年しか経過していなかった。国会議事堂での運命的な閣議中にベギンは叫んだ、「汚れた数百万マルクのせいで、我々が獲得した少々の誇りさえ奪うのか?」、その後大勢の市民が国会議事堂に雪崩れ込んだ。暴動にも関わらず、外貨不足と緊縮財政政策がこの問題の決定を下した。 「俺の家族全員が殺害され、それを黙らせる為に金を

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.