「マリアから生まれたキリスト」、エズレル平原で1,500年前の碑文が発見

 エズレル平原のタイベ村で考古学局が最近実施した考古学発掘で、マリアの息子であるイエスへの碑文が発見された。この碑文は5世紀頃のビザンチン時代の教会の戸口に付いていたもので、石板にギリシャ語で彫られている。この石は、ビザンチン時代か初期イスラム時代の荘厳な建物の壁に再利用されており、その場所には幾何学模様のモザイクの床がある二部屋が発見された。この碑文は、アフーラの東側にある村の中の道路工事前に実施された、考古学局のツァヒ氏とコーガン氏の発掘中に発見された。

 この碑文はギリシャ語で「マリアから生まれたキリスト。この事業は、最も神を畏れて敬虔な(テオド)シオス司教と卑しいト(-マ)奉献で、基礎から建設され…彼らの為に祈りましょう」と記されている。

 エルサレムのヘブライ大学考古学研究所古代ギリシャ語碑文専門家のレア学者は、「マリアから生まれたイエスという表現は、読者を悪いことから守るためで、当時の碑文や書類に多く使用されていた。キリストとはギリシャ語でメシアという意味で、イエスの呼称でもあった」と語った。またこの碑文は教会に来る人達を祝福しており、修道院ではなく教会に設置されていた証拠であるとのこと。「教会では信者達を入口で祝福したが、修道院ではそれがなされていなかった」とも述べている。

 この碑文に記されているテオドシオスが建設の責任者であり、キリスト教では最初の司教の一人でもあった。彼はベテシャン・メトロポリスの最高宗教的権威として、地域枢機卿としても活動しており、エズレル平原のタイベも彼の管轄であった。考古学局のワリッド学者は、「タイベのビザンチン時代教会に関する最初の証拠であり、この地域に住んでいたキリスト教徒住民の活動に関する証拠でもある。以前では十字軍時代の教会跡などが発見されていたが、最近ベテシャン大都市圏に属した一連の修道院の一つがここでも発見された」と語った。

 発掘責任者である考古学局のツァヒ氏とコーガン氏は、「発掘でエズレル平原のタイベに於ける長期間の定住性と、地域の居住区に対するこの場所の地位に光を当て、様々な時代の発見物が見つかっている」と述べている。

最新記事

すべて表示

1万2千年前のガリラヤ湖付近で食べられていた物

ヘブライ大学とコネチカット大学の研究者達が、エン・ゲブ川Ⅱの先史時代の遺跡で行った新しい調査で、1万2千年前の原住民たちの食料事情を明らかにした。調査結果はArchaeological and Anthropological Sciences誌に掲載された。 今回の調査は、ガリラヤ湖の東約2kmに位置するエン・ゲブ川Ⅱのナトゥーフ文化の村の発見をベースとしており、当時レバントで最大の淡水源と考えら

「勇者」ファラオは戦死した

約3,600年前にエジプトを支配していたファラオの死因の謎に関して、新しい予想が調査によって提案されている。このようにエジプト考古学省が伝えた。「勇者」と呼ばれているスカンナラ・タオ王は南部エジプトを支配し、ナイル川のデルタ地方を支配したヒクソス人に対して軍隊を率い、その後彼らをカナンの地へ追い出した人物として知られている。 スカンナラの遺体は1960年代にレントゲンで調査され、ミイラ職人の高い技

ヘロデ大王が妻と姑を処刑した要塞遺跡

「素晴らしい強固な要塞が高い山の上にある」と2千年前のヨセフス・フラビウスが描写した、90号線から西側の「ミフガシュ・ハビクアー」の少し北に尖った山がある。この山には多くの歴史的なドラマ、強固な要塞、荘厳な宮殿や隠された財宝の話がある。エルサレムで新月が観測されると、毎回バビロンの離散の地までそれを伝えるために、毎月かがり火が焚かれた場所としても利用された。今日でも山頂に行くには困難だが、努力する

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.