「マリアから生まれたキリスト」、エズレル平原で1,500年前の碑文が発見

 エズレル平原のタイベ村で考古学局が最近実施した考古学発掘で、マリアの息子であるイエスへの碑文が発見された。この碑文は5世紀頃のビザンチン時代の教会の戸口に付いていたもので、石板にギリシャ語で彫られている。この石は、ビザンチン時代か初期イスラム時代の荘厳な建物の壁に再利用されており、その場所には幾何学模様のモザイクの床がある二部屋が発見された。この碑文は、アフーラの東側にある村の中の道路工事前に実施された、考古学局のツァヒ氏とコーガン氏の発掘中に発見された。

 この碑文はギリシャ語で「マリアから生まれたキリスト。この事業は、最も神を畏れて敬虔な(テオド)シオス司教と卑しいト(-マ)奉献で、基礎から建設され…彼らの為に祈りましょう」と記されている。

 エルサレムのヘブライ大学考古学研究所古代ギリシャ語碑文専門家のレア学者は、「マリアから生まれたイエスという表現は、読者を悪いことから守るためで、当時の碑文や書類に多く使用されていた。キリストとはギリシャ語でメシアという意味で、イエスの呼称でもあった」と語った。またこの碑文は教会に来る人達を祝福しており、修道院ではなく教会に設置されていた証拠であるとのこと。「教会では信者達を入口で祝福したが、修道院ではそれがなされていなかった」とも述べている。

 この碑文に記されているテオドシオスが建設の責任者であり、キリスト教では最初の司教の一人でもあった。彼はベテシャン・メトロポリスの最高宗教的権威として、地域枢機卿としても活動しており、エズレル平原のタイベも彼の管轄であった。考古学局のワリッド学者は、「タイベのビザンチン時代教会に関する最初の証拠であり、この地域に住んでいたキリスト教徒住民の活動に関する証拠でもある。以前では十字軍時代の教会跡などが発見されていたが、最近ベテシャン大都市圏に属した一連の修道院の一つがここでも発見された」と語った。

 発掘責任者である考古学局のツァヒ氏とコーガン氏は、「発掘でエズレル平原のタイベに於ける長期間の定住性と、地域の居住区に対するこの場所の地位に光を当て、様々な時代の発見物が見つかっている」と述べている。

最新記事

すべて表示

半顔の「幸運」用青銅製ランプがダビデの町で発見

青銅製の特に希少なランプが、エルサレムのダビデの町で、第二神殿破壊後(西暦1世紀末から西暦2世紀初頭)のローマ時代の建物の基礎で発見された。この特殊なランプは建物の基礎に故意的に埋められ、現場の研究者達の想定によると、建築物への捧げものとして利用されたとしている。「古代世界で普及していた建築物への捧げものは、幸運用であり、建築物と住人の存在継続を約束し、通常建物の床下か基礎部に埋められた」と、考古

ヘロデ大王の錨、死海の歴史的記憶

世界で最も低い場所である死海(現在は海面下435m)は、砂漠と地中海気候地域の間に広がる広大な土地からの水や堆積物を受け入れる場所であり、レバント地方の「雨量計」として使用されている。死海の水位は昔から低かったのか、死海の周りは特に乾燥していたのか、又は現在の異常気象や人的影響が1950年代から始まった水位の急低下を起こしたのか(当時の水位は海面下400mであった)? 最近アメリカの地球物理学学会

非ユダヤ人の町で発見された、謎の地下トンネル

イスラエルでは長年、数百個の地下トンネルが発見されているが、主にユダ地方、ベニヤミンとサマリア南部に集中しており、ガリラヤにも数十個の地下トンネルがあることが分かっている。これらの隠れ場の共通点は、いつもユダヤ人居住地の地下に掘られている事であった。その為に、数十年前に異邦人の居住地であったテル・シューシャのゲバ・パラシームで地下トンネルが発見され、最近再調査されて驚きの結論が出された。異邦人居住