「ドローム・アドム」フェスティバルが開催

 三度目の封鎖解除と共に、ネゲブ砂漠北部のアネモネ祭である「ドローム・アドム」フェスティバルがタイミングよく開始し、コロナ規制に適応したオープンスペースでの開催となっている。「数度の封鎖と雨も降り、今年のアネモネの量は通常より多く、自然地区を訪問する人達を待ち望んでいる」と観光団体関係者は語った。

 オリジナルの計画では、このフェスティバルは先週の木曜日に開催される予定であったが、封鎖のせいで3日間遅れの今日から開催した。メイン・イベントであるアネモネ・マーチングとアネモネ・マラソンは今年も催しされるが、例年とは少々違う形で行われる。1日で全員が同じ場所に集まらないよう、今年は何日か分けて行われ、参加者は事前に希望する日付と時間帯を選択しするので、自然がほぼ独り占めとなる。

 今年は週中に開花場所に訪問することが推奨されており、道も混んでおらず現地も訪問者が少ない為、日曜日から水曜日までが最も楽しめやすく、色々なイベントや見学も50%の割引になっている。

 今週は、ネゲブ砂漠北部の森林や野原で無料のガイド付き見学が実施され、ユダヤ国家基金や自然公園局のガイドが説明してくれる。見学は地域の開花場所や歴史的場所を訪問し、その場所の興味深い話や、地域住民が使用していた古代のツールなども見られるようになっている。他の見学コースでは息が止まるほどの自然の美しいポイントへ行き、それ以外にも夕日と夜の見学コースや農場見学コースなどがある。

 シュデロット市で催される他の見学コースでは、町の歴史を学んだり、ハイム・ウリエルのショーや、レストラン試食見学コースなどもある。ラハット市でもベドウィンの文化を学ぶ見学があり、街中や市場を徒歩見学するコース、レストランコース、芸術コースやオープンハウス見学コースなどがある。

 もし週中が仕事で忙しい人も問題ない。ショカダ・フォーレストでは、自然の中にRed Spaceと呼ばれるワーキングエリアが初めて設置された。とても静かな場所で、机やマットレスシート、クッション、コーヒーメーカーやWiFiも利用者用に用意され、自然の中で景色を見ながらの仕事の効果性を感じると思われる。事前にHPで予約必要あり。

 また今年は、空中からの新しいアトラクションも2種類ある。アネモネのカーペット、農場や果樹園を「Fly Away」の気球で飛んだり、スデー・テイマンの「スカイ・ケフ」とのパラシュート降下だ。それ以外にもフェスティバルでは、農場見学、イチゴや野菜の収穫体験、自転車旅行、歴史見学、アート教室、ホームステイ、ダチョウ農場、宝探し、香辛料の迷路、亜熱帯果物の果樹園、肉教室等様々な活動があるが、全て事前予約の必要がある。

 まだレストランは再開していないがテイクアウトは可能であり、様々な場所で訪問者にピクニックのバスケットが待っている。チーズが入ったイエメン料理、パンとスモークビーフと野菜サラダなど。自分の好きなバスケットを選んで旅行に出発できる。フェスティバルは2月28日まで、詳細は上記のHPで。

最新記事

すべて表示

7月から観光客入国が拡大

2021年7月1日から市民ではない接種済みの外国人は、事前の許可なしに入国することが出来るようになる。国のリストやワクチンの種類などの詳細は、現在保健省によって作成中である。この規制は今日活動している陸上国境にも有効となり、2021年7月4日にはイスラエル人のためにアラバー国境(ヨルダンとの国境)も開通される。 今回の発表は、約2か月前の観光省のキャンペーン発表時に予想されていたことが実現したこと

空港で長蛇の列:帰国者はPCR検査なしで解放される

金曜日のベングリオン空港での特殊な混雑により、接種者と回復者を含むイスラエル入国者全員へ要求されるPCR検査を受けずに帰宅した者が数人いることが判明した。保健省ではPCR検査なしで入国した人数に関して回答をしていない。 保健省によると、同時に着陸したフライトにより、長蛇の列と非常な密の状態が発生したとのこと。安息日入りの時間が間近に迫っていた事も、入国者達の感情を逆立てる要因の一つとなったとのこと

全てがワイナリー、ブドウ畑と乳製品のミツペーラモンを訪問

この1年間で良いものが生まれたとすれば、ワイン勧告のジャーナルであり、ワイナリーの訪問、ブドウ畑のおもてなし、小規模の興味深いワイン地域に国を変えることであった。今日この趣味はワイン好きだけではなく、ユダ山地、ガリラヤやゴラン高原で息を吸いたい人ならだれでも可能となった。 今回はネゲブ山、ミツペーラモンの近くでエイラット、シナイやそのほかの多くの美しい場所に行く途中のワイナリー、ブドウ畑と乳製品を