イスラエル料理

「イスラエルそのものを表現しているかのような料理」

 湯気上がる焼きたてのほっかほかのピタパンと共に前菜の小皿が机いっぱいに並んだ瞬間、その色彩の豊かさや香辛料・ハーブの香りに思わず歓声を上げてしまうことでしょう。1948年建国の若い国イスラエルには日本のような「伝統料理」はないと言われていますが、ディアスポラによって世界中に拡散していたユダヤ人が帰還時に持ち帰ってきた各国料理、周辺諸国のパレスチナ・アラブ料理、そしてユダヤ教食(コーシェル)の寄せ集めがイスラエル料理なので、銘々の小皿で構成されるイスラエル料理は人種・国籍・宗教など様々な要素が絡み合い共存するイスラエルそのものをあらわしているという気づきを与えてくれます。地中海、東欧、ロシア、北アフリカ、トルコ、アラブ、南米などの影響を感じる、まるで世界中を旅しているような楽しい料理をお楽しみいただけるでしょう

 また、鮮烈な香りのフレッシュハーブやカラフルで瑞々しい野菜がふんだんに使われた料理や、地中海で獲れた新鮮な魚介類をシンプルにグリルした料理など、ヘルシーな料理が多いもの特徴です。旅先でずっしりと体重増加してしまい自宅で悲鳴が、、、ということが少ないのも嬉しいところ。国土の半分以上が砂漠のイスラエルですが、灌漑などの最新技術導入により、なんと食料自給率は90%以上。輸入物ではなくその国で育ったものを味わうことも旅の楽しみの一つですね。市場などではイスラエル産の元気な食材たちが山積みにされている風景がご覧いただけます。

*聖書時代のパンの記事はこちら:

 

熱気球 - ピンク
パイナップルのアイコン - イエロー
包まれたギフト
Wine%20Bucket%20Icon_edited.png
イスラエルのフォトアルバム

© 2020 Saigoaki. All Rights Reserved.